ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

« 劇場で見たい「借りぐらしのアリエッティ」 Karigurashi no Arrietty | トップページ | 家で揚げ物をするか Do you deep-fry at home? »

2010年9月18日 (土)

松本人志監督「大日本人」

前回のエントリーでも書いたが映画館へ行けなくなっていただけでなく
映画そのものを見る回数が絶対的に減っていた。
育児とは、自分一人の時間がなくなることである。ある意味で。
そして、一度、その生活パターンが回り始めると
多少の時間が出来ていても、なかなか映画を見るとか
そういうことに戻れなくなっていた。私の場合。

さて、TSUTAYAの100円レンタルのキャンペーンの日に
これまた何年かぶりで利用したレンタルDVD。
借りてきたのは「大日本人」。
ダウンタウンの笑いは大好きだ。
1年ほど前に、精神的に相当きつい時期があったのだが、
友人が貸してくれていた「ごっつええ感じ」のビデオ10数巻を見て
何とか生きながらえていた。

この映画は上映当時、ずいぶん話題にもなってたし、
期待を込めて、DVDをプレーヤーに投入。

いや、もの悲しいわぁー。
日本人男子の行く末。
「父性の凋落」とでも言いますか・・・、何というか・・・。
これがまっちゃんの好きな「哀愁」なのだ。
「ごっつええ感じ」の晩年の傑作、「とかげのおっさん」に通じる。
悪人でもないが、「善人」とも言い難く、
人間がちっちゃいくせに、プライドを捨て切れてなく・・・。
離婚していて、10歳だかの娘に会える日について
「1ヶ月に1回くらい」だとインタビュアーに言う。
前妻に聞くと「半年に1回」だと言う。
リアルやわぁ~・・・。
これ笑うとこかなぁ、ってぎりぎりの線で笑ってしまう。

それだけじゃなくて、伝統にしがみつく滑稽さとか、
妖怪を倒すという設定の幼児性とか、
妖怪の映像のグロ&キモさとか、
鮮烈に記憶に残る映画である。

総括すると、建前の後ろに絶対あるはずなのに
普通は見せない部分をえぐろうとしている、ということだろか。
たとえば、ヒーローが巨大化する設定で、
着ている衣服は一緒に巨大化しないはずだから、
小さい状態で、巨大なパンツの中に入ってから、巨大化する、とか。

最後に私が個人的に印象に残っているのは、
巨大化した大日本人の体のアンバランスさ、である。
首、とか肩のラインが絶妙なバランスで気持ち悪く仕上げられている。
腕のちょっと短いところとかも、
全部のパーツが生理的にちょっとずつ気持ち悪い。
やっぱりまっちゃんが考えたんだろうか、あのバランス。
それだけ取ってみても、やっぱ天才やなと思う。

でも不思議。
「とかげのおっさん」は面白いから何回も見たいと思うけど、
「大日本人」は哀愁が強すぎるし、映像がキモいし、
あと1回見ろ、と言われたら見るけど、3回目は断るかも。
きらいってわけじゃないけど。

« 劇場で見たい「借りぐらしのアリエッティ」 Karigurashi no Arrietty | トップページ | 家で揚げ物をするか Do you deep-fry at home? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409259/36805624

この記事へのトラックバック一覧です: 松本人志監督「大日本人」:

« 劇場で見たい「借りぐらしのアリエッティ」 Karigurashi no Arrietty | トップページ | 家で揚げ物をするか Do you deep-fry at home? »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Links