ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月23日 (水)

子育てが大変とはどういうことか

2010年10月号のESSEの対談記事の中で、「よくぞ言うてくれました!」という一言があったので紹介。

「北斗晶のパワフル人生相談スペシャル!北斗晶 X 松岡修造」という2頁にわたる対談。

北斗さんはよくテレビにも出演されてるけど、マルチな才能の方だとお見受けする。
お子さんは男の子2人。
松岡さんのお子さんは小学5年を筆頭に3人とのこと。きっと熱血パパなんだろね。

北斗さんが言う。
「家事も子育ても、ちゃんとやっても社会的に評価されないでしょう。
だから松岡さんの奥さんみたいに立派なキャリアをもっている人ほど、
むなしい気持ちになりやすい。フォローするのは夫の役目ですよ。」

そうなのだ。ダンナが脱ぎ落とした靴下を洗濯機まで持って行っても、
「あれ、知らん?」と、ダンナの探し物を聞かれた時に7割の打率で見つけてあげても、
子供が癇癪を起こして泣き疲れた時に、寝かしつけるまで何十分も抱っこしてあやしながら腰痛を我慢してても、誰もその「がんばり」を知らない。

そして、子供が小さいうちは、子供に意識をはらっていなければならない状態が24時間続く。(少なくとも私と息子はそうだった)
だから、幼稚園とか保育園に預かってもらえることは非常に有り難い。
母親がリフレッシュ出来る時間があれば、また子供に向きあえる。
でも、この時間、実際に仕事で疲れ切ったりストレスをためてしまったりすると、子供を100%の気持ちで迎えるのは相当の精神力が必要とされると思う。

男性は、父として子供に冒険を経験させてあげたり、子育ての「動」の部分を担い、
女性は、母として子供が助けが欲しい時、眠い時、不安な時などに受け止めてあげるという、どちらかというと「静」の部分を担うらしい。
(以前ドキュメンタリー番組で乳児の脳波で反応を見る実験があった。)

同様に、女性は育児中、男性と違って、子供の周りの潜在的な危険に対するアンテナが敏感になっている。私は、夜中に子供の寝息が変わった(鼻づまりでゴーゴー音がしはじめる)とか、寝返りの回数が増えゴロン、ゴロン音がするだけで目が覚める。そうして、3、4回起きて、布団をかけ直したりするのは日常茶飯事。
1歳くらいはしょっちゅう病気にだってかかるし、24時間気を抜けないということ。

じゃあ、
「フォローするのは夫の役目ですよ。」と言われて、
具体的にどういうことを指すのか、世の中の育児世代パパはピンとくるのだろうか。

北斗さんいわく、
「「いつも大変だね、ありがとね」でなんとかなるのは結婚当初だけ。」とバッサリ。

同感である。
でも、世の男性は、この「ありがとね」さえ言ってないようなので、
まずは第1段階として、「奥さんが家事をやってくれてるからこそ家の中は暮らせる状態なんだよね」という意識があること、第2段階として、たまにでいいから、「いつもありがとね」と伝える、が来るだろう。

そこで、北斗さんの、ピンク色の蛍光ペンでハイライトしたい発言はコレだ!

北斗 「あたしが忙しくしているってことがわかっているわけでしょ?だったら「手伝おうか?」なんて聞く前に、体を動かせよ。」
松岡 「気づかなきゃだめなんだ。気づいて言葉なしで動けと。ありゃりゃりゃ~。」

ああ、名言。

でもね、これは上級編だと私は思う。
日常的に家事をやってないと、「今家事で忙しい状態だな」という事実が認識できないだろうし、仮にママが忙しそうに動いてると知ってても、それを意識から遮断してテレビを見ているはずだ、パパは。
パパも仕事で疲れて帰ってきてリフレッシュしたい気持ちはよく分かるし、
休養が必要だと私も思う。
でも、仕事から帰って、自分の休養が2時間でも取れたら、1日1時間でいいから
子供を見ているとか、子供をお風呂に入れるとか、ママにリフレッシュする時間をあげたらいいのにねと思う。

周りのママ友とか話を聞いていても、子育てに積極的に関わらないパパも少なくないみたい。仕事も忙しそうだし。
パパ達を責める気はないのだ。
ただ「せめてここんとこだけおさえとけばなぁー」と思う。

ウチのダンナはありがたいことに家事をよくする。
料理、皿洗い、洗濯、子供とお風呂に入る、最近は玄関の掃除なんかも。
(戸建てを買ったからかねぇ?)
近所のママ友に「ダンナさん料理してくれるの?いいねぇー」と言われることがあるけど、私はこれくらい普通のことやと思ってたわ、というのが率直な気持ち。
もちろん「ありがとう」という気持ちもあるけどね。

でも、一番関わって欲しいと思うことは、やっぱり子供のこと。
子供の成長の変化や面白かったこと。
子育ては、
「小確幸(しょうかっこう)= 小さいけれど確かな幸せ」(by村上春樹)はもちろん、
「小伝件(しょうでんけん)= 小さいけれど伝えたい事件」で
満ちあふれているのだ。
私はダンナが仕事中でも、子供のおもろい写メを送ったりしてる。
ダンナも癒されるみたい。

今は「イクメン(育児をする男性)」という言葉まで出来て、
政府もやっと男性の育児休業取得率10%を目標に、とか言うような時代になった。
まあ、一方で、無縁社会に突入しちゃってるから、子供・家族と繋がっているってことが
当たり前のようで、ちゃんとやってなきゃ、っていう時代でもあるんだなぁ。

2011年2月20日 (日)

Twitterを始めてみた

前回のエントリーの直後、息子の風邪が私にうつって、
最初は喉の痛み、それからくしゃみ、鼻水、次に高熱に
何度も襲われた。
息子も完治に5日かかったが、私も結局完全に元気になるには5日かかった。
息子の看病をしていた期間中も加えて約2週間の間、自分のパソコンを開けることが
ほとんど出来なかった。
幸い、スマートフォンに機種変更していたので、
メールやfacebookをチェックすることが出来て精神的に助かった。
でも、たまたま、内田樹センセイのブログが長らく更新されなくて、
活字中毒ならぬ、「内田樹のコトバ中毒」とでもいう状態になって、
とうとうTwitterに登録した。
そしたら、Twitterはすごいことになっていた。
内田センセイを始め、勝間和代ネエサンや、茂木サン達のつぶやきが
ガンガンアップされるし、内容もおもろい!!!
(右側のサイド・バーにダイジェスト的なTwitterを貼ったのでご参照ください。)

リアルタイムで何が起こってるか伝わるライブ感もすごい。
ニュースだってネット上のニュースサイトやテレビより早く話が分かることもある。
ちなみに、私がエジプトのムバラク政権終焉をうかがい知ったのもfacebookだった。
正直、Twitterにはあっという間にはまってしまった。
熱出して寝こんでる時も、目が覚めたら、チェックしてた。
たまたまMixiで高校の時の友達を見つけて、つながってみたら
彼女もTwitterもfacebookもやっていて、
お互い急に日常の動向が分かるようになって、
20年ほどの空白の期間もどこへやら、という感じだ。
不思議だ。
中東でネットが世界を動かしているという実感に近いモノを
私も自宅で「すげーな」と思って感じている。

2011年2月10日 (木)

愚痴です

来月4歳になる息子が日曜日に久しぶりに風邪を引いて熱を出した。
月曜日と火曜日の2日間、大事を取って幼稚園を休んで自宅療養。
熱も下がって、さあ、明日から幼稚園!と思ったら、幼稚園から電話。
「欠席者の数が多いので明日から2日間、学年閉鎖となります。」
ということは・・・、金曜日が祝日だからぁー、
じゃあ、今週はもう幼稚園無し!?
ひゃぁ~ッ!
忍耐の1週間。

結果的に、昨日また熱がぶり返し、
夜は咳が悪化して、
どっちにしても幼稚園は休まなきゃいけなかっただろうけど。

1歳から2歳にかけては、ほぼ毎月1回は必ず病気になって熱を出していたけど、
3歳になってからは丈夫になって、たまにしか病院のお世話にならなくなった。
そう思えば、昔に比べたら、楽なモンかな。

今回、熱が37.5度を超えても、結構元気な様子で
室内でブロック遊びとかをしていた。体力がついたんだねぇー。
でも、いつもよりちょっとわがままで、ぐずると長引いた。

夜は、布団に入って寝付いたと思うと、咳が出たり、
鼻がつまったりして、何度も目を覚ましてしまっていた。
今、さすがに疲れがピークなのか昼寝している。

ママはリオが病気になると、
心配だし、より悪化したらどうしよう、とか考えちゃうし、
それだけでも普段よりも疲れちゃう。
それに、日中も夜も一緒に遊んで、抱っこして、
気を緩める時間が少ないのかな。

もうママも一緒に昼寝しよ。
頭が回転してないから、文章が書けないや。
ぐーーー。

2011年2月 1日 (火)

寝がけに見えてしまう映像

ウチの息子(もうすぐ4歳)を寝かしつける時、たいてい「ママ、とんとんして」と言うので
背中をとんとんとしてあげる。
だんだんと寝息が静かに安定してきて、「お、もう寝たかな」と思っても、
少しだけとんとんし続ける。
完全に眠りに落ちてないと、とんとんが止まったことで、ふっと意識が覚醒することがあって
「・・・まだとんとんして・・・」と小声でリクエストがある。

そして、時々、「こわいもの見た~」と泣きそうな声で、起きてくることもある。
次の日の朝とかに聞いてみると、「おばけ」的なものが夢のように見えるらしい。
実は、この現象は、私にはよく理解できる。
私も子供の頃、寝がけに、こわい映像とか、
見たこともないような変な(「千と千尋の神隠し」で出てくるような)、
怪しげなモノ達を時折見ていたから。

大人になってからも、その日に気になったことや
見た映像なんかが、寝がけに繰り返し脳裏に蘇って、
そこから逆になかなか寝付けなくなるようなこともある。ホラー映画は基本的に見られない。

だから、息子の辛さは理解できる。
夜中にも、息子がこわい夢でも見たようで、急に飛び起きて
「こわい、こわい~!」と泣き叫んだ時も、
抱っこして背中とんとん、しばらくしてあげていた。
「困ったところがママから遺伝しちゃったのねー」と思いながら。
自分も眠くてふらふらしながらも。

そういう現象も最近は少しずつマシになってきた。
まず、息子自身が「眠気」を自分で感じ取って、「さあ寝よ」となるまで
遊んだり、絵本を見たり、おしゃべりしたりして、
あまり早い段階で寝る方向に持って行かないようになってきた。
私が「お布団に行こ」と促しても「まだ眠くないから遊ぶ」と言う。

もうひとつ、私から事態改善の為に、寝る前に何度か
「楽しいことを頭に浮かべて楽しい夢を見れるようにしよう」と息子に話して聞かせた。
一緒に、たとえば、「小人になってお菓子の国にいて、
でっかいドーナツやケーキを食べているところ」とかを話しながらイメージする。
実際、その次の日の朝、「ママ、小人になってお菓子の国にいた夢を見たよ~。」と
息子が言ってきたので、それはちょっと嬉しいびっくり。
まあ、でも、強くイメージすれば、そういう夢を見られることもあるだろうと思い、
そういう習慣が身についてきた。

同様に寝付きが悪い私自身、そのイメージ法を実践し、
寝がけに変な映像や音が現れる前に、
見たい映画のことやなんかを思い浮かべたりするようにしているってわけ。
おかげで、先日は、松ケンと大学で芝居をやっている夢を見たし、
昨夜もストーリーは記憶に残ってないが、
「THE MENTALIST」のパトリック・ジェーンが夢に登場してくれて、嬉しかった。
そういうのはたまに起こるくらいだけど。

夜の間に起きてしまう回数も、ママもリオもずいぶん減ってきた。
平均2,3回くらいかな。
今は寝返りを打った時に布団がはだけてしまって、
しばらく経って寒さで目が覚めてしまうことが多い。

とにかく、睡眠は何時に寝て何時に起きたか、という点だけじゃなく、
「質」が大事だ。
90分サイクルが数回繰り返され、深い眠りがしっかり取れていたか。
トータル8時間布団の中にいても、5回も6回も目覚めてしまってたり、
悪い夢を見てうなされてたりしたら、それは実質4時間相当かもしれない、と
思って、その日や次の日の行動を調整しなくちゃ、体がもたない。

1年ほど前と比べると、眠れるようになった現在の状態に感謝。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Links