ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

« clover | トップページ | 名越康文さんのオープン講義 »

2011年5月 7日 (土)

DIY

前回のエントリーで書いたように、DIYについて。

DIY

昨日、自宅のブロック塀に漆喰(plaster)を塗ってみた。
イタリア産の輸入もの。
近くのアンティークレンガ屋さん「やまぼうし」で購入。
イタリア漆喰だけど、イメージは憧れの地である南フランス・プロヴァンス。

漆喰の粉をバケツに入れて水で溶いて、しっかり攪拌して、
ホットケーキの焼く前の生地みたいになったものを
余って使ってなかったお好み焼きのコテで少量ずつ壁に塗りつけていく。
伸びてきた植物達が邪魔して下の方が塗りにくいし、慣れるまではボタボタ落ちるし、
無理な体勢で足も腰も痛くなった。
でも、苦労した分、仕上がりは嬉しい。
お隣さんにも「いい感じやん」と言ってもらえてご満悦の私。
いや、まだ仕上がってはないんだけど。
続きはまた今度。
疲れ切っちゃわないように、夕方から息子の相手をする体力を温存して中断。

DIY=DO IT YOURSELF
「自分でやる」「手作り」ということだ。
棚とかを作るというだけじゃなくて、補修とかプロに頼まないでやる、というようなことも含まれる。
その源泉は、私の場合、
1) 既製品にはぴったりくる欲しいモノがない(サイズ合わないとか機能が足りないとか)
2) 値段の高いモノも自分で作れば安上がりである
3) 考えて作ることそのものが楽しい

だけど、本来、人間はかつて生活のことを大体自分や家族の中でやっていたのだろうと想像する。
得意なモノが専門化し商売になり、特に日本では、自分でやるより、より質の高いレベルに仕上げてくれるプロに頼もうという傾向が強いように感じる。
ニュージーランドなどではDIYが普通だとテレビで見たことがある。
ホームセンターの品揃えが充実しているらしい。
もし海外旅行するチャンスがあったら、現地のホームセンターを訪ねてみたい。
ちなみに私の行きつけは近くのコーナンとHOME'Sだ。

今回の漆喰塗りの他に、私が今まで作ったものは、脱衣所の棚、エアコン室外機カバー2つ、衣類用の棚、などなど。四角を作ることが基本の初歩的なモノばかりだけど。
とにかく大切なのは、実際の作業よりも、構想、設計、下準備、である。
どういうものにしたいのか、それをどうやって形にするのか考え決めたら材料と道具を揃える、ってこと。

また、実際に作るようになるまでに、基本的な知識を得るため、
道具や、木材の種類といった素材について、本や雑誌をけっこういろいろ読んできた。
思えば長い道のりだったけど、本当に最近になって「作れる」ようになって嬉しい。

次に挑戦してみたいのは、テーブル!
もう何ヶ月も構想を練っている。
既製品の購入との比較から。
いくらDIYが好きと言ったって、安くて質がよくて気に入ったものが売ってるなら、作る必要ないし。
でも、ずっとリサーチして、考えてるけど、やっぱり作りたい。多分決行する。


ところで、今回、ケータイから投稿できるという設定をやっと行い、トライしてみた。
特にケータイで撮影した写真を投稿したい場合、
ケータイ→PCのHD→ブログにアップ、という手順だと、煩わしいし、タイムラグが出るから億劫になってやらない。
こういう手順を整える作業は、調べて考える→決定する→ツールを手に入れる→ルーティンにする、という
最初の段階だけ少し時間を要するけど、一度ルーティンになると、昨日までなぜゆえにこれをしてなかったのか、と思うくらい便利が普通になる。
だから普段の生活の中で、一気に便利になるプロセスはないかアイディアはないかとアンテナを張っている。
こう書いてみると、数年前に出会ったライフハック(Life Hacks)のコンセプトそのものが自分の中に浸透しているのに気づく。
こういうのもDIYと通じるものがあるかもなぁ。

« clover | トップページ | 名越康文さんのオープン講義 »

趣味」カテゴリの記事

DIY」カテゴリの記事

コメント

漆喰、いいですよね~。
優しいいい色味ですね。
一時期、とても流行りませんでしたっけ?漆喰の壁って。
漆喰の感じ、私も好きです。
が、自分で塗ってみようとは思ってなかったなぁ。塗る場所もピンと来なかったし。
家周りの塀という手があったか。
DIYって、面白そう。だけど、日々の家事で手一杯な感じの私には無理かな。
実は私もそういう雑誌を眺めるのが好きなんですよ~。行動には移せない頭でっかちですが。

みかさん、コメントありがとうございます!
遅ればせながらTwitterもフォローさせて頂きました。

色を褒めてもらって嬉しいな!こだわった部分なので。雨の日はもっと黄色っぽくなるんですよ。
壁塗りに関して、私が自分でやってみたいと思うようになった最初のきっかけは毛塚千代さんの本でした。
(ブログ発見)
http://honobono-3.blog.so-net.ne.jp/

みかさんはどんな雑誌や本を見ますか?
私は、「Come home!」が大好きです。
他には、ジュウ・ドゥ・ポゥム著の世界のインテリア・シリーズ。
特に「パリのファミリースタイル」は買って持ってます。
(他のは大抵立ち読みで・・・)

DIY、私もやり始めたばかりで少しずつです。
秋冬は寒くて外でできないので、春夏の間が勝負です。
私は家事は超~手抜きで~す。(^_^;)

インテリア関係の本は、敢えて見ないかな・・・アマノジャクなところがあるので。
インテリアとか収納とか、そういう類は苦手なくせに「自分の好きなようにする!」という気持ちが強いような気が・・・。誰かの真似なんかせんぞっ!!ってね(笑)。
で、家はグチャグチャ。ハハハ~
そんな中、手元にあるのは『ドゥーパ!』とか『チルチンびと』とか。あと『ニューハウス』もあるわ・・・。
毎号買っているわけじゃなく、いろんな条件(好みと気分と手持ちのお金など)が揃った時に買ったもの。でもまあ、私の好みが垣間見えるかな。
手芸関係の本の方が断然多いんで。あと、料理とね。

家事もさほど上手くこなせてないよ、私。
ネットを見たりすると、尚更、情報量が半端なく多くて、消化不良状態。
これではいかんと思いながらも、いろんな情報集めるの楽しくて。
頭で知るより、身体で知る事の方が意義があると思うのだけど、自分を制することができずストレスになってたりする。・・・情けない。

インテリア系の雑誌じゃなかったんですね。(^o^)
私もDIY系の本とかけっこうたくさん買って読みました。
知識がいっぱいになってみると、実際に作らないと本が無駄になってるような気がしたことも、手を動かし始めた原動力でした。
みかさんは手芸の方をされるんですね。
たまにしか手をだしませんけど、私も実は好きです。

さて、偶然ですが、名越先生も頭で考えてばかりよりも体を動かし、実際に体験する重要性を話されてましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DIY:

« clover | トップページ | 名越康文さんのオープン講義 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Links