ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

« DIY | トップページ | トレードオフ Trade-off »

2011年5月12日 (木)

名越康文さんのオープン講義

4月にTwitterを通して、精神科医の名越康文さんが京都の精華大学で教える講義があり、一般人の参加も認める、オープン講義だと知った。
早速、うちから精華大学までのルートと所要時間を調べてみると、月末の火曜と水曜の2日あるうちの水曜なら行けそうだと分かった。
予定がない休日だし、息子が幼稚園から戻る時間に少しだけ遅れるけど、その日はダンナが夜勤明けで家にいる日で、訊いてみたら「行ってもいいよ」とのこと。
この条件が整って、行かない手はない。
もともと大学の講義とか基本的に好きなタチなのだ、私は。
もちろん、あのいつもテレビで見ている名越先生のお話を直接聞けるなんて、こんなチャンスはなかなか無い!

そして、その当日から2週間経つんだけど、まだ感想を書く、ということがうまく出来ない。
それだけ、私にとって重く深い内容だった。
著書「瞬間の心理学」を読みつつ復習したりして、ここ数日で、やっと気持ち的に内容が着地し始めた気がする。

先生の印象について書こう。
もちろんテレビで拝見している、あの通りの軽妙な語り口、関西弁イントネーションの親しみやすさ、気取らないたたずまい、であった。
でも、大学の講義室という場で、教える教師と教えを請う生徒というフレームワークの中だったからだろうか、テレビであれだけ人気を博している方の「オーラ」とか「カリスマ性」のような雰囲気を私は感じなかった。良い意味で。意識的にご本人が消してはるような気もする。カウンセラーというお仕事柄もあるのかもしれない。

講義の内容の核は、人間の陥りがちな妄想と怒りについて。
そのせいか、ご自分で「ダーク名越が出てる」と仰ったように、若干強い口調で、いかに私たちが妄想や怒りに囚われてしまいがちかを熱く語ってくれた。そして、自分で毎日少しずつ、ネガティブな気分に陥らないようにできることがいろいろあるんだと、改めて先生の言葉で聞いて、それが勇気になったと思う。

途中、スタートレックのたとえ話が面白かったのだけど、私はスタートレックをちゃんと見たことがなかったので、後で楽天レンタルで「宇宙大戦争」を借りて見てみたら、実に面白かった!示唆に富んでいる。(収録全編を見る時間を取れなかったのは残念だった。)

講義の参加者は、私のような社会人が多いかったみたい。
行く前は、私は数百人収容の大講義室が満員になるくらいの状態を想像して教室に行ったのだけど、意外にも30人くらいだった。
精華大学の学生諸君はなんともったいないことをしているのだろうか、と私は1人眉をひそめていた。こんな貴重な機会なのにぃ~って。

ちなみに私は教室についてから先生が到着するまでに念のためTwitterをチェックしたところ、名越先生ご本人から教室が変更になったというTweetが入り、慌てて、その教室にいた人達と移動した。
なんというか、Twitterって本当に便利やわぁ。

先生も言ってはったけど、3.11の地震・津波・原発問題で、私たちの心はいろんな影響を受けている。でも、すべては無常。変わり行くのがこの世の常。
そう、そうなのだ。

このちじょうはかがくのおしえるほしではない
しすべきものたちのおどるつかのまのあれちなのだ

・・・・・ ブログ村ランキングに参加しています。 ↓バナーをクリックすると、人気ブログ・ランキングが見られます。 当ブログへのランキングのポイントになりますので、クリックして応援していただけると嬉しいです。 にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

« DIY | トップページ | トレードオフ Trade-off »

心と体」カテゴリの記事

地震」カテゴリの記事

コメント

貴重な経験、羨ましいですっ!!!
名越先生のお話を直接聞けるなんて!!
先生のメールマガジンも購読したいけど、主人からOKは出ず。
先生の本を見つけて読んでいこうと思っていますが、他の未読本が山積しているためどうなるか? とにかく時間がいくらあっても足りない感じです。
「オーラ」「カリスマ性」を消してる、かぁ(笑)。
最近、名越先生が出演されるTV番組を見つけたら見るようにしてるんですが、もう少し先生の言葉を聞きたい!と思うほど、ちょっとしかコメント聞けないんですよね。ニコニコ微笑んで座っていらっしゃる。その佇まいに憧れるのだけど、だからこそ先生の考え方をお聞きしたい気持ちが強くあるんです。
できる事から、となると、先生の著書を探して読む事かな。そこからイメージして、自分を振り返る材料にする。ってところかな。

オープン講義のご報告、ありがとうございました!!
私もいつか経験してみたいな~

本当に貴重な経験だと思います。ありがたや~。
名越先生の著書で私が最初に読んだのは、甲野 善紀さんとの対談、 「薄氷の踏み方」で、とても良かったです。

私も積ん読も多いですが、最近はなるべく図書館で予約して図書バス受取で4週間期限で借りるようにしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名越康文さんのオープン講義:

« DIY | トップページ | トレードオフ Trade-off »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Links