ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

« PMSって知ってる? | トップページ | 梅田から中崎町へ足を伸ばす »

2011年7月19日 (火)

心配症

私は心配症だ

というと私のことを実際に知ってる人は驚くかもしれない。
そんな風には見えないと思う。

自分でも自覚がなかった。
自分に子供が産まれるまで。

本で読んだんだけど、心配症かどうか、っていう性格の要素は生まれつきのモノなんだって。
私は幼い頃から確かに怖がりではあった。
コワイ夢をよく見たことをいまだに覚えてるし、夜に天井の影が人の横顔に見えて眠れなくなったりしてた。
中学校の修学旅行で、広島の平和資料記念館だっけ?
行った時には怯え泣いた。

私は私の平穏を脅かすモノに強い恐怖心を感じる。
さらに困ったことに、映像記憶が非常に鮮明に残るので、ホラー映画とか基本的に見ない。

ここで思うのは、恐がりであることは、心配症であることに拍車をかけるんじゃないだろうかという仮説。
いや、根っこが一緒なのかな。

私の場合、心配症というのは、リスクを限りなくゼロに出来ないということを意識から消せないと起こるんだと思う。

たとえば、ウチの近所に川があって、高く盛り上がった土手の脇が自動車用道路になってるんだけど、
フェンスとか柵とか何にも無い上に道路幅も余くて、一方通行道路じゃないの!
車に乗ってこの道を通るのがツライ。
ほんの少しの手の操作ミスで、土手の上からズルズルと川の方へ落ちていく映像が浮かぶ。

あとね、IKEA鶴浜、ってご存じの方いたらわかってもらえるかと思いますが、
大阪港の方から大きいアーチ状の橋を渡ると近いのよね。
1回、自分で運転してあの橋を渡ったんだけど、もう恐怖。
息子と2人だったんだけど、「きゃ~、ひゃ~」わめきながら渡った次第で。
ジェットコースターやん、あんなの。
トップの位置が高すぎ。角度ありすぎ。
一応、柵っていうか何かあるけど、あの角度の恐怖の前では存在感薄い。

今思い出したけど、小学校2年生の時に、近所の2歳くらい年上のお姉ちゃんと遊んでて、
小さい川から1メートルくらい高く段になってた細めの道を自転車に乗って走ってた時に、
そのお姉ちゃんがハンドル操作を誤って、スピードも落とさずシャーッて一段下に落ちたことがあった。
川の岸の部分がコンクリートで、そこにガシャって自転車もろとも叩きつけられて、
幸い怪我は確か大したことはなかったんだけど、私のショックと言ったらなかった。
それを目の前で目撃したことが、トラウマみたいに残ってるんかも・・・。

それで、この話がどこへ行くかというと、
子育てである。

お腹の中に命を宿ってから約10ヶ月、そして生まれ出たら大人が見てないと
危ないことだらけの子供を育てるのは、心配症にとっては
心配症じゃない人よりも精神的に超えなきゃいけないものがあるんじゃないかなと
勝手に想像している。
近所のママ友たちなんて、2人目、3人目と産むと、どんどん子育てが大胆になってるもんなぁ。

この土曜日、ウチの4歳の息子は、幼稚園のお泊まり保育で、森の中の青少年自然の家に行き、
初めてママと別々の屋根の下、夜を過ごしたのだ。
それ以来、また一段と成長したように感じるのは気のせいじゃないみたい。
お泊まり保育から戻って、お迎えに行ったとき、幼稚園の門のところで目があって、
すぐ駆け寄って来たけど、抱きついて来なかった。
話したいことがいっぱいある様子で、「楽しかった?」って聞くと「楽しかった!」と即答。
そこからおしゃべりがノンストップ。

無事に帰ってきて私は本当にほっとした。
送り出した時には、いろんな心配がボワボワ立ち上がりそうになったけど、
いつものように気を落ち着けた。

子育ては心配の連続だ。
毎回、杞憂に終わることを祈る。
成長の邪魔をしないように、ママの心配はなるべくコンパクトにしまっておくわ。

・・・・・
ブログ村ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックすると、人気ブログ・ランキングが見られます。
当ブログへのランキングのポイントになりますので、クリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

« PMSって知ってる? | トップページ | 梅田から中崎町へ足を伸ばす »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

chihayaさん、アロハ。

心配性って、私は悪いイメージはないですよ。
chihayaさんは、お子様ができてから との事ですが
当たり前ですよ、守るべき大切な宝物ができたんですもん。
それは、きっと心配という名の愛情ですよ。

私も、ネガティブに心配してしまうこともよくあるけど、
解決できたら、スッキリするし、解決しようと向き合う事ができているうちは
自分がしっかりしてる証拠だと思ってます。

コンパクトにしまって見守るのも あたたかいですね。
私の母は 全面的にガミガミ出てましたが、それも愛情だと今は実感してますし。
お子さん、chihayaさんの愛情たっぷりもらって幸せ者ですね(^^)

macoさん、aloha~ & コメントmahalo(ありがとう)!

あったかいコトバ、しみますわぁー。

子育て中の心配はコントロールしきれないことに気づいて以来、昔は色んな方法でコントロールしてきたんだなぁって判明したんです。
表現しきれなかったけど、今は自分のココロも体もよく見つめて、コトバにして、いわば「いつくしんでいる」と言ったらいいでしょうか。そんな心境なのです。

ところで、macoさんってハワイに縁があるのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心配症:

« PMSって知ってる? | トップページ | 梅田から中崎町へ足を伸ばす »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Links