ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

« 手持ちを生かす | トップページ | 「生きなおすのにもってこいの日」 »

2011年8月31日 (水)

捨てる、か

世は断捨離ばやりである。
それだけモノであふれかえっているのだ。この世界は。
いや、平均的家庭の住居内は。

私自身は、独り身の時は身軽な方で、ハワイに留学した時にずいぶん断捨離したものだった。
しかしながら、結婚し、子供が生まれ、定住志向になると、モノはたまっていく。

自宅に何らかの物が増えて、1年に合計1平方メートルの量だとすると、
たった4,5年で押入いっぱいになっちゃう計算だ。
それを避けるためには同量のペースで「捨てる」を実践し続けなければ
ゴミ屋敷になってしまう。
要は、算数レベルの問題なのだ。
インとアウトの量を調整すること。

理屈はよーく分かっている。
整理収納アドバイザー2級講座を受講したりするほどに
私は本来、家の中のお片付けは得意だが、最近はリビング以外はおざなりだ。

昔は自分のモノだけ考えればよかった。
今は、自分の持ち物に加えて、家族共有のモノも息子のモノも管理しなきゃならないし、
ダンナの持ち物も「あれ、どこにいったっけ?」という質問に
時々は対応してあげなきゃいけない。

おまけに、2年前に日本語学校を畳んだ時に教科書や備品をごっそり自室に運び込んだものの、
量が多すぎるわ、思い入れもあるわ、で、簡単に捨てられないでいる。
一時期、亡き姉が日本語教師として仕事を手伝ってくれていたこともあり、
その頃のことを思い出させる物たちには、胸がつまるので、基本的にはまだ触れられない。

さらなる要因として、仕事よりも育児にウェイトを置くようになり、、
家で過ごす時間が増えたために、元々好きだったインテリアや雑貨を手作りしたい気分が
高まってきて、布地とかミシンとか板の端材とか、空き時間が出来たらすぐ取り出せるように
出しておきたくなっているんだけど、十分な収納スペースを作れてはいない。

つまるところ、過渡期というか、
どっちつかずというか、
アイドリング状態。

断捨離で紹介されてる部屋とか見たら、わぁ、落ち着きそう~って憧れる。
でも、現実はほど遠い。

でも、いいのだ。
これが現状なのだ。

「明日に向かって捨てろ!」という本でも、あれ捨てようかこれ捨てようかとさんざん
話して、結局のところ、そんなに捨てれてないところが、いいんだよねえ~。

何事も、こだわって人に「すごい」と言われるレベルまで持って行ける人や分野は限られているのだ。
憧れを持って、いいなぁーって思って楽しむことはいいけれど、
できてない自分を責めちゃったり状況を悲観しちゃうとツライ。
雑誌の中の写真は、あくまでも憧れ、私は私。
そう思えてることにとりあえずOKサイン出しとこう。
今の私は、まだ、無理しないよう気をつけることの方が大事。

断捨離できてないと嘆いてる方、いませんかぁ~?
いいじゃないですか、それはそれで。
ボチボチいきましょう。
できる時はできる。
そんな時がくるはず。

私なんて、現状、仕事は少ないし、自由になるお金はびびたるもの。
趣味の読書は図書館利用。
そんな私でも、私なりにそれなりに息子との日々は慌ただしく過ぎていく。
とにかく生きてます。

私はこれからどういう方向にみちびかれていくんだろう

どんな出逢いがあるだろう

そして、私の部屋はどう変わっていくだろう

息子の成長と共にまだまだ変わっていくんだろうな

生きてさえいれば

・・・・・
ブログ村ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックすると、人気ブログ・ランキングが見られます。
当ブログへのランキングのポイントになりますので、クリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ

« 手持ちを生かす | トップページ | 「生きなおすのにもってこいの日」 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

chihayaさん、おはよう~^^
世は断捨離ブームですよね。
断捨離という言葉はよく耳にしていたけど
元祖/断捨離のやましたひでこさんの本は読んだことがなくって
今、ようやく読み始めました。
思っていたより軽いタッチの本で
片づけが苦手ならモノを持たなきゃいい・・・そうだな、と。
『片づけ・収納』 って ひとくくりにされることが多いけど
たぶん、同意語じゃないよね?

私もなかなか断捨離できない(^^;)
捨てられないのもそうだけど、入口の守りが甘いから~;
タブーとされている 収納ケースをついつい買ってしまうなんて
脇が甘いなぁとしみじみ思います。

そうそう(*゚v゚*)
以前、chihayaさんが紹介されていたBARBARA!
今度、ランチで行ってみようと思います^^
あと、AIDA!
後日、ブロガーさんの記事で知って行ってみたくなった
BUFF STOCK YARDというお店と同系列だとわかり妙に興奮!!
AIDAさんの買い付け日記オモシロイね^^

気持ちを「抜く」っていうのかな?こういう開き直り、現状を受け入れるというのをちょくちょくやると精神衛生上いいですよね。
せっかく「気持ちよく」なろうとしているのにその過程でストレスを生んでしまったら元も子もないもんね。
片付けのコツとして「服なら服を一度全て並べてみて仕分けする」っていうのをよく見るけど、これをするのにはかなりのまとまった時間が必要。それを考えただけで「ああ、今はできない」というふうに先送りにしてしまうというのが私の現状です。もう少しちょこちょこ小規模でもいいよ、って言ってくれる指南書もある〜?

YASUさん、おはようでっす。
断捨離、最近ムック本も出たんですよー。
実は片付けの肝である「自分の執着・不安・劣等感」に日本人の著者として焦点をあてたのは初めてかも?画期的でした。
且つ、重くならず理論に走って難解に陥らず、実践を推奨してるところが受け入れられやすかったんですねぇ。

えっと、整理収納アドバイザー講座では、「片付け=整理+収納」って言ってたような記憶があります。「片付けとは、物を減らして、しまう」ということでしょうね。

BUFF STOCK YARDって知らなかったけど、今HP見たら素敵~・・・うるうる。
遠くないし、近いうちに行ってみたい~(^o^)!
買い付け日記もこれから読んでみますね。
偶然、私は先日AIDA CAFE江坂でランチしてきました。断捨離的な空間でした。

BARBARAはESTから近いし行きやすいですよね。
スペインテイスト、満喫してきてください(^_-)。

れれれさん、おはようございます~!
そうなんですよ~!(^o^)
ある方向にグググーっと寄りたくて寄ったんだけど、
あ、寄りすぎたかな?って一旦、振りきれた針を若干戻すようなことをたまにした方がいいタイプの人がいると思うんですよ。私はそうみたいで。

片付けに割く時間については本によって、「15分ずつでも毎日」とか「引出1杯から」というちょこちょこversionと、『人生がときめく片付けの魔法』のように「一気にやって心地よい状態にもっていくべし」という一気versionに二分されてますね。
自分の状況や性格や精神状態に合わせて「できる時にできるだけやる」というのが私はいいかと思います。
ただ、「3時間ぐらい邪魔されず集中できないと始められない」と思っちゃうともったいないので、どっかで区切りは必要だと思います。服なら、たとえばこの季節なら「今日は夏服のトップスだけ。明日はボトムス」とか。「来年も絶対着れるし着たい」と思うモノだけ残して後は処分する、ってことですよね。
はい、私も近いうちに夏服やりますよ~。息子の分と自分の分と。ダンナのぼろぼろになったタンクトップをそーっとボロぎれ箱に移したりも。(^_^;)

ニーハオ、miss chihaya.

立場や環境が変われば、物が増えるのは当たり前ですよ。
ぜーんぜん気にすることなんてありませんよ。

生活に支障が出るほどパンパンになったら困りますけど(笑)
そうでもないなら、むしろとっておいたほうがいい気がします。

お子様が大きくなった時に、「 我が家 」 を思い起こせるような想い出の品々。
たとえそれが、何の変哲のない日用品であっても、家族と過ごした時間を
心に思う、そんなきっかけになるモノがあると思います。

お子様との時間を一番に大切にされてるchihayaさんの想いが伝わります。
ゆるゆる 歩んでいきましょう。

あ、すいません、YASUさんとの会話引っ張らせてもらうと
BUFF STOCK YARD、雑誌に出てて、すっごく気になってました。
あと、「 SHARK ATTACK 」 シャークアタック大阪も、検索してみてください。
すでにご存知でしたら失礼、雑誌の同ページに載ってて、ほんと素敵でしたんで。

macoさん、励まし上手~。
確かに。
自分の母親と過ごした家の物を形見として自分で選べなかった無念を思い出してしまいました。
でもまぁ、記憶の中には鮮明に残ってるなぁと改めて思いました。
そう思うと、子供の記憶の中に残る家の風景をプロデュースしてるのは母親なんやなぁっていう見方ができますね。あちゃー、今の2階は見せたくないなぁ~(^_^;)。

SHARK ATTACK、教えてくれてありがとうございます。
今、HP見てみたら、めちゃかっこいい!
前の家に近かったのに全然知らなかったです。
BUFF STOCK YARDともども、一度のぞきにいってみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 捨てる、か:

« 手持ちを生かす | トップページ | 「生きなおすのにもってこいの日」 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Links