ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

« 眠れぬ夏の夜に | トップページ | モノをつくること »

2011年8月16日 (火)

子供の寝顔はなぜかわいいか

幼稚園のお盆休みがやっと終わって、子供から解放された~。
ずっと子供といると、頭が解放されなくて、だんだん煮詰まってくる。
昨夜見た夢は息子と口論してるって夢だったから、だいぶたまってるらしい。

うちの息子は思い立ったら体が即反応して走り出す子で、
ちょっとスーパーに買い物に行った先で一瞬で目の前から消えたりするので、
心配症の私は、なるべく気に病まないように心がけているが、
まだ4歳ということもあって、けっこう気疲れもするのだ。

そんな息子が疲れて夕寝したり、
夜に寝付いたあと、ふぅーっと一息ついて、その寝顔を眺める。
なんといとおしいこと。
顔だけじゃない。
体全体、いつも「あれ、また大きくなったなぁー」と、しげしげと観察してしまう。

息子がこの世に生まれ出て以来ずっと、なんでこんなに子供の寝顔はかわいいのだろう、と
キュンキュンしながら、思っていた。

先日、ふとその謎が解けた。

このブログでもエントリー2回を割いて書いた通り、私は心配症だ。

息子が起きて動いている間は始終、危なくないか、おしっこもらさないか、
裸足で外に飛び出さないか、とか、何かしら「気をつけている」のが普通の状態だ。
一緒に遊んで過ごしていて、「わ、かわいい」とか「成長したなぁ」と愛しさを
感じることはもちろんしょっちゅうあるのだが、なにせゆっくりとその思いにひたることができない。
次から次へと色んな事が起こるから。

だから、息子が寝静まって初めて、やっと母はゆっくりと何にも邪魔されることなく、
心ゆくまで寝顔・寝姿を堪能することができるのだ。
少なくともその状態が続いている限りにおいて、
「心配」を横に置いておけるのだから。

しかし、だ。
夜も更けて、自分も寝付いた丑三つ時に、
エアコンのタイマーが切れて暑かったりすると、息子がごろんごろんと
激しい寝返りを打ち始めて、布団を出て壁にけっこうな勢いでどすんどすんとぶつかりながら、
それでも寝返りで前進しようとするその音にママはビクッとしちゃって目を覚まされているのよ、息子よ。
そして、時々、「ちゃうわ~!」などと怒り口調で、けっこうな音量で叫ぶ寝言にも
ママは眠りから醒まされているのよ。
寝返り&寝言のコンビネーションが相当激しいときとか、なんか見てて笑っちゃうくらい。

まあ、そんなわけで私の不眠はマシになったにも関わらず、相変わらず、夜は何回も起きてます。
いつの日か私が寝付いてから朝起きるまで完全に熟睡できる日が来たとしたら、
それは息子が私の手から離れたということになるのだろうな~。

« 眠れぬ夏の夜に | トップページ | モノをつくること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

フェイスブックで、素敵な寝顔のページを作っています
この日記を
ぜひ投稿をお願いします
よろしくお願い致します。
http://www.facebook.com/negaosyugo

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409259/41231299

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の寝顔はなぜかわいいか:

« 眠れぬ夏の夜に | トップページ | モノをつくること »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Links