ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

« 納戸 ---名付けることは呪い | トップページ | 「副交感神経が人生の質を決める」という副題の本 »

2012年1月13日 (金)

窓辺の印象は大きい

「ときめきお片付け」読了後、片付けたいpassionが燃え上がり、たまたまPMS期だと気づかず寒い納戸で作業をしたために体を冷やしてしまった。
夜にお風呂に入るまで体の芯の冷えが戻らなくてしんどかった。
反省。
毎日作業をがんばろうと決めないで出来るときにやろう。

・・・体調がいいなと思うと、がんばりすぎて、また寝込む、このパターン多くないか?
わかっちゃいるけど、またやってしまうのであった。

今日は、寝坊の息子を幼稚園に送って行って、そのまま久しぶりにホームセンターへ。
2フロア見てたらあっという間に1時間ほど経ってしまった。
これ、私のウォーキング。
昼前になって帰る頃には体がぽかぽか温まってた。よかった。

昨日と今日は、リビングのテレビの右側に置いてあったDIY本棚を左側に移動させた。

Madobe

こういう些細な事でも印象が変わるし、何より自分の心持ちが変わるなぁ。
よっしゃ!やって良かった。

リビングはソファに座って見えるテレビを置いている壁面が一番視線を置いている時間が長い。
この壁面をすっきり気持ちの良い状態に保っていると他のところが少々片付いて無くても多少ごまかしが利く。

この南側の1番陽当たりの良い掃き出し窓には、私の好きなクローバー柄で手作りしたカーテンもある。
以前この窓辺の壁面はしばらくスペースが空いていたんだけど、去年ダンナが息子のためにトランポリンを買ってきて以来、トランポリンスペースになってしまっていた。
いや、窓辺にトランポリンって、インテリア的には勿体ない!ってと思ってたんだ。

テレビの右側が空いた分、息子のチェストとラックを左に詰めて、その右にトランポリンを移動。
息子のための「こどもスペース」だから、インテリア的にどうこうは気にならない。
おもちゃだらけだもん。

このDIY棚はと言うと、元々金魚の水槽をぴったり置くサイズに作ったのだが、ダンナが玄関の外の脇に鉢を置いてそこで飼いたいというので、リビングに金魚たちはいなくなった。残った棚の中には本、上にCDプレイヤーを置いていた。(以前の写真はこちら)

横置きでも縦置きでもA4サイズの本が入れられるようにと設計しておいて良かった。

ちなみにガラスの球体は、夏に「ハーベストの丘」っていうところのクラフト教室で作った風鈴だった。
部屋の金魚に合わせて、金魚の絵を描いて結構気に入ってたのに、ふとしたことでヒビが入ってしまった。
まだ「ときめき」を感じて、捨てるの惜しくて、置いて飾ってる。


ん、やっぱ納戸の断捨離作業と、気持ちの良い模様替え作業と、サンドイッチのように挟みつつ、
カスタネットのように、「ウン、パ、ウン、パ」のリズムで行こう。
時々、「休んで、休んで」も入れつつ。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村

↑ブログ村ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると嬉しいです!

« 納戸 ---名付けることは呪い | トップページ | 「副交感神経が人生の質を決める」という副題の本 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 窓辺の印象は大きい:

« 納戸 ---名付けることは呪い | トップページ | 「副交感神経が人生の質を決める」という副題の本 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Links