ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

« 壁紙の張り方教室に行ってきた | トップページ | 「嘘みたいな本当の話」イベントに当選! »

2012年7月24日 (火)

部屋の壁色シミュレーション

先日の壁紙張り方教室を主催している「壁紙屋本舗」さん。
楽天ショップのサイトにいろんなインテリアの写真があって、見ていて飽きない。

私が特に気に入っているのが、壁紙に直接塗って部屋の壁の色を変えられるというペンキ、「イマジンウォールペイント」のページ。ペンキを実際に塗る前にシミュレーションできるんだけど、それだけにとどまらない。
すばらしい。
私が気に入った理由、以下にまとめ。

<理由その1>
部屋の壁面のイラストがあって、下の色見本をクリックするだけで壁の色を69の色に変えることが出来る。
小さい色見本だけ見てるのと、部屋のイラストに色を入れてみるのとでは感覚がだいぶ違う。
全色クリックして、部屋の雰囲気が変化する感じを楽しめる。

<理由その2>
色の名称がめちゃくちゃオシャレである。
「けだるい午後」とか「マタドールの闘志」とか。
色を見ながら、コトバの美しさも堪能できる。

<理由その3>
色彩の効果についていろいろと説明してくれている。
心理的にとか、でも、ゆるい感じで。
例えば、「あったか毛布」というピンク色は「ふんわりあったかな毛布に包まれているような、安らぎを感じさせる色です」とのこと。
「真夏の太陽」という色では、「便秘解消の効果もあるので、トイレにも◎」だって!
信じてみる(* ̄ー ̄*)?


日本の住宅は、とりあえず万人受けする落ち着いたトーンの色でまとめられている事が多い。
フランスやドイツのおしゃれなインテリア本に載っているおうちは、キレイな色がいくつも使われていることが少なくない。
好きな色や落ち着く色をもっと追求してもいいんじゃないかなと思わせてくれる。

インテリアの指南本なんかでよく「部屋の色は3色まで」とか書いてるけど、それは全体のバランスやセンスが重要なんであって、「3色」っていうことはあくまでも原則的な話だと思う。
戸建て建売やマンションで実際に使われている色も壁が白、床がナチュラルブラウンが定番。
それもいいけど、好きな色を塗ったり、壁紙を貼ったり、自由に自分の感性をいかすのってステキやなと思う。
今の憧れ。

ウチでは、外のウッドデッキはカントリーブルーのペンキで塗って、とても良かった。
室内はまだ棚や机をDIYで作った程度。

最近は、さきほどのイマジンウォールペイントの「フレンチビンテージカラー」12色を見ては、「壁をどうしようかな」と想像を膨らませてフレンチ気分にひたって楽しんでいる。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
お手数ですが、下のブログ村バナーを1クリックお願いいたしますm(_ _)m!(1日1回有効です)
その1クリックがめちゃ励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

« 壁紙の張り方教室に行ってきた | トップページ | 「嘘みたいな本当の話」イベントに当選! »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部屋の壁色シミュレーション:

« 壁紙の張り方教室に行ってきた | トップページ | 「嘘みたいな本当の話」イベントに当選! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Links