ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

« 甘い物を渇望?--- 機能性低血糖症hypoglycemia | トップページ | こども用エプロンを作る »

2013年3月 1日 (金)

田口ランディさんご本人を前にして

日曜日に尼崎で開催された終末医療に関するシンポジウムに行ってきました。
作家の田口ランディさんが講演されるということをTwitterで知り、即!申し込みました。
「ファンです」ということになるんだろうなぁ。
でも、その一言では言い尽くせない深い想いがある。

ちょうど4年前の今頃、姉が末期癌であることが分かり、私は激しく狼狽し、すがる思いで何かを探していて、ランディさんの本と出会った。


「生きる意味を教えてください-命をめぐる対話」

それ以来、ランディさんの本、15冊読んだ。
いつも「うわぁーっ」って思う。
心がざわざわする。

それで、今回、初めてナマのランディさんのお姿を目の前にして、声を聞けて、何かの空白が埋まった気がした。
あぁ、この人がランディさんなのか、と。
私がどうしようもない悲しみの淵でもがき苦しんでいた時に、支えになってくれた人が目の前にいる、と。

飾り気のない風貌、力強い声。
本の中で語られていたご家族の死にまつわるお話を、改めてご本人の声で語られるのを聞いた。
内容としては既に知っていることでも、その重みはまた格別だった。

お話の中でも印象的だったのは、死んでいく人はいろんなメッセージを送っている、という部分。
ちゃんと見ていないと見逃してしまうかもしれない、と。

私の母親も交通事故で瀕死の状態で入院したまま1年4ヶ月生きた。
体のほとんどの部分を動かすことができず、目も片目しか動いてなかった。
喉に穴を開けられて人工呼吸器を付けられていたから、声を発することができない状態だった。
私はいつも気になっていた。
いったいどの程度「意識」があるのだろう、と。
今思えば、ランディさんのお話にあったように、もっと話しかければよかったと悔やまれる。
あの頃の私は弱冠14歳で、仕方なかったとは思うけれど。

シンポジウムでは、「ホームホスピス」という施設が日本で広がりつつあるというお話。
姉も、癌だと分かってから、ホスピスや介護のことなど調べてたことを思い出す。
1つの施設はうちの近所にあってビックリ。

序盤に紹介された印象的なグラフがあった。
かつては自宅で亡くなる人の割合が約80%、病院で、が約20%。
その2つの線が1970年代に1度交差し逆転。
現在、自宅でなくなる人は約20%、だったかな。
でも、病院はベッドが足りず、癌患者でも退院を迫られる現状があるそうだ。

姉も入院していたとき、「早くうちに帰りたいよ-」と言っていた。
最期に息を引き取った時は病状が急に悪化した後だったので、臨終は病院で迎えたけど、直前までずっと姉のダンナさんが休暇を取って自宅で付き添っていてくれた。

とにかく、そうして姉が急逝したあと、私には大きな宿題が残された。
それが何なのかうまく説明することは難しい。

何度も何度も反芻して考える。
末期癌で余命3ヶ月の宣告を受けた後の3ヶ月を姉が何を感じ考え生きていたのか。

ランディさんの癌にまつわる小説「キュア」を読んでどう思ったのか。
私がお見舞いに差し入れしたエッセイ「できればムカつかずに生きたい」を読んでどう感じたのか。
でも、確かにランディさんの作品に出逢えたことを喜んでいたことは言葉の端々に出ていた。

それにしても何という偶然だろう。
縁を感じずにはいられない。
初めてナマのランディさんに会えた場所が、姉の地元である尼崎。
講演のテーマは終末医療。

もちろん今回、ランディさんのお話を直接聞けたこと、そしてホームホスピスなるものの存在をしったことは、心の中で姉に報告した。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
お手数ですが、下の写真(ブログ村バナー)をクリックお願いいたしますm(_ _)m!(1日1回有効です)
その1クリックがめちゃ励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

« 甘い物を渇望?--- 機能性低血糖症hypoglycemia | トップページ | こども用エプロンを作る »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田口ランディさんご本人を前にして:

« 甘い物を渇望?--- 機能性低血糖症hypoglycemia | トップページ | こども用エプロンを作る »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

Links