ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

« 「評価と贈与の経済学」読了 | トップページ | 「ねぇ、愛してる?」と聞く心理を考えて »

2013年7月 5日 (金)

シティーボーイズ

久しぶりにシティーボーイズのコントライブを3本見て、もう~のけぞって笑った!!
ご存じない方、シティーボーイズとは、大竹まこと、斉木しげる、きたろうのコントユニットです。

残念ながら、見たのはナマ舞台ではない。
まだ子供の手が離れてないもんで、なかなかナマ舞台を見に出かけられない。
そこで少し前にWOWOWを契約した。
月約2500円の料金は高いのか?
芝居を月に2本見たら1万5千円から2万円すると思えば格安になる。

そーゆーわけでの、シティーボーイズ。

今回見た3本のラインアップは・・・

『10月突然大豆のごとく』 (2010年)

『動かない蟻』(2011年)

『西瓜割の棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を』(2013年)

私が初めて公演を見たのは、確か1993年公演『愚者の代弁者、西へ』だったかな。
20年前だ。
めちゃめちゃ面白かった。

今回久しぶりに見て、もぉー心底びっくりしたワ。
おっさん達、パワーアップしとる!!
円熟味を増してると言うのか・・・。

大竹さんは相変わらずの存在感とツッコミの鋭さ。
きたろうさんのおじさんとしての愛くるしさとイラッとさせる感の同居。
斉木さんの・・・たまらない空気感。

良い部分はちゃんと存在し、年齢と共に熟す部分は熟し、という感じ。
最高やなぁ~。

そして、時代の空気をシニカルに見る視点。
ブラックなネタはもうブラックすぎて、「テレビで流しちゃってええの!?」ってツッコミ入れてた。

童話風タッチのアメリカ人家庭と居候の日本人のコントとか。

YouTubeにも昔のネタ動画があるのを発見。
すごい時代や。

でもWOWOWもYouTubeも見て、なおのことライブを観に行きたくなる。
今年も行きたかったんだけどな。
来年こそ行きたい!

♪:;;;:♪ ↓お笑い好きですか?
1クリックで応援おねがいします↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ブログ更新の励みになります。
ありがとうございました!.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。.

« 「評価と贈与の経済学」読了 | トップページ | 「ねぇ、愛してる?」と聞く心理を考えて »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409259/51945740

この記事へのトラックバック一覧です: シティーボーイズ:

« 「評価と贈与の経済学」読了 | トップページ | 「ねぇ、愛してる?」と聞く心理を考えて »

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Links