ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

ガーデニング

2012年11月 4日 (日)

苦戦!レンガで花壇を作った

金曜日についにレンガ花壇を作りました。

レンガを買ってやりかけてから随分時間がかかってしまった・・・。
仕事が忙しくなったし、息子が延長保育に行きたがらなくなったりしてガーデニングにかける時間がなかなか取れなかった・・・。

でも、毎日下がっていく気温。
お昼が暖かいうちに仕上げないと冬を越してしまう!Σ( ̄ロ ̄lll)

やっと腰を上げました。

駐車スペースの後ろのコンクリが無い部分。
とても狭いので普通のレンガの半分のもの(ヨーカン)をつかいました。

Dsc_0330

無骨な仕上がりだけど、「ジャンクスタイル」ということにしよう。
よかった、ジャンクスタイルというジャンルが存在して!

作業、ホンマ大変やった!
もう多分二度とやらん!(`◇´*)

ウチにはダンナのお父さんから譲り受けたディスクグラインダーがあるので、レンガをカットできるディスク(替え刃)を買って来て切ればいいと思って作業を始めたところ、これがめちゃめちゃ大変でした(@Д@;!

切り口のレンガが粉状になって吹き飛ぶのが危ないので、水を掛けながら切るということをネットで調べてやってみたの。
でも、水をかけるためのホースを左手に持つと、ディスクグラインダーは右手だけで持たなきゃならない。
ディスクグラインダーにスイッチを入れると、その振動はかなりのもので、その振動プラス、レンガを切っていく時の跳ね返るような力をコントロールしなきゃならない。
おまけにカットするときの音がけっこう大きくてご近所に気を遣う。
さらに水しぶきがジャーッ!といろんな方向に散って、レンガ色の水を顔や服にかぶってしまう。
ギュィーン!手ブルブル、ジャー!ビチョビチョビチョ~!
・・・心折れるわ。

夏前にやりかけた作業、気が重くなって遠のいてしまったのは、この大変さが原因だった。季節を超えてしまった。
今回は絶対に仕上げるぞ!と気合いを要しました。ふぅ~ヾ(´ε`*)ゝ。

しかーし、レンガのカットだけじゃなくって、もう1つの難関が存在した!
それは・・・セメント。

前に漆喰でブロック塀を塗ったので、まあ同じような感じかなと想定してたんだけど、違った!
セメントは、乾きの早さがすごかった。

粉を水で溶いて、レンガに塗っていくと、もうそりゃあ一瞬で固まり始める。
ちょっと厚塗りしすぎたなと思ってならそうとしても、「もう遅いで」とでも言うようにがっしり動かない。
ひえぇー。
乾きの速さに気づいてから、作業の手をはやめた。
焦る~(゚0゚)!

なんとか積み終えて、最後にホースをシャワーにして、全体に水をかけて、余分についたセメントを取りました。
ちゃんと接着されてないみたいで心配したけど、この最後のシャワーがよかったようで、乾燥後にちゃんと固まって接着されてました!
よかった!

ホントに無骨やけど、大変な思いをした分、なんか愛着がわいてくるなぁー。
かわいい花壇にしよう!うん。
ようがんばった!→自分

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
お手数ですが、下の写真(ブログ村バナー)をクリックお願いいたしますm(_ _)m!(1日1回有効です)
その1クリックがめちゃ励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

2012年10月18日 (木)

庭に小屋!かわいいモデルガーデン

先日、フィトライフさんのモデルガーデンを見に行ってきました。
ウチの駐輪場を作っていただいたご縁で以前のモデルガーデン解体の折にはレンガを格安で譲っていただきました。(その記事はコチラ)
その後釜のモデルガーデンの実物をやっとこの目で見られました。

場所は宝塚市のあいあいパーク
2010年版のは「空庭」というタイトルで、色合いとかジャンクガーデン風でした。
2012年版は・・・こんな感じ。もっとナチュラル風。

Dsc_0304

え?庭じゃなくて山小屋?・・に見えますよね。
いえいえ、全体像はこんな感じ。

Dsc_0303

庭のパーゴラに小さな小屋がくっついて、小屋の1面は壁なし、です。
まあー、とにかくかわいい!
たまらん~!

こういう木枠の窓、憧れちゃう~。
息子がこのポーズを取りたがった気持ち、めちゃ分かる。

偶然にも、最近買った「come home!」も「庭に小屋」っていう記事がありました。

いいモデルガーデンだなぁ~。夢があるなぁ~。
ウチの庭は狭くて無理だけど、少しスペースに余裕があるお宅は選択肢の1つとして検討されるといいと思います。
DIYの腕があれば自分で格安で制作することだってできるんだし。

ちなみに、この小屋に私達が入った時は誰もいなかったのに、くつろいでたら、子供達がたくさん集まってきて急に賑やかになりました。
子供はこういう小さく区切られたスペースが大好きだもんねぇ。

そっか!小屋の中だと、大人もそういう気持ちになれるのか!
子供時代のドキドキ感。
親の目から離れて1人で何かに熱中できる空間、って感じなのかも。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
お手数ですが、下の写真(ブログ村バナー)をクリックお願いいたしますm(_ _)m!(1日1回有効です)
その1クリックがめちゃ励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

先日、一瞬ですが30位にランクインしてました!
応援ありがとうございます!

2012年6月16日 (土)

素敵なガーデニングの本見つけた!

仕事がちょっと増えて、バタバタしてますが、貧血対策しながら、なんとか日々生きております。

先日、久しぶりに本を買いました。
めっちゃ素敵なガーデニングの本を見つけちゃったから。(*^_^*)

「健太郎のGarden Book」という本。
こういうナチュラルスタイルの庭、憧れるのよぉ~。

まるで森や草原の一部のような、人が植えて手入れしているという感じが控えめな庭。
ポール・スミザーさんも、そうですが、こちらの健太郎さんもそういう庭を作りはる人。

庭の美しい写真の数々も素晴らしいんだけど、何と言っても、購入に踏み切ったのは、庭造りのポイントを分かりやすく解説してくれていること。

庭造りのステップは3つ。
シーン作りのポイントになるエレメントは4つ。
シーン作りのステップは5つ。
植栽を考える時のステップは5つ。
そして、四季による手入れのいろいろは、もちろん、春夏秋冬、4つに分けて。

そして、後半にはDIYのやり方、寄せ植えのやり方、写真の撮り方、など、痒いトコロに手が届く便利情報の網羅ぶり。

掲載されているお庭はめっちゃ広いので、狭いウチの庭は、こういう理想にはほど遠いのですが、健太郎さんが教えてくれている庭造りの考え方は、スペースの広さには限定されないと思います。

例えば、庭造りのステップ。
1,小さなシーン作りから。
2,素敵なシーンを少しずつ増やす。
3,シーンをつなげていく。

いきなり全体像を完璧に構想するのって難しいもんね。
手をつけずじまいになっちゃう。
小さいところから少しずつ。
インテリアでも同じだなぁ。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村

↑最後まで読んでくれてありがとうございます。
来たよ、っていう足あと的な感じで押していただけると嬉しいです。

2012年5月14日 (月)

ジャンクスタイルの多肉植物の寄せ植え

先週は用事がたてこんでて頑張ったけど口内炎が出来て痛いっす。(>_<)
今週はスローダウンしてブログを書く時間も取りたい~。

さて、さて。

妹が新築・引越祝いをくれました。
引っ越してから2年以上経ってるけどぉ~(^^;)。

いいの、いいの。
贈り物は年がら年中、受付してまっせ~。

気持ちだけでも嬉しいけど、自分の趣味にぴったり合う物だと嬉しさ倍増。
それが、こちらのジャンク寄せ植え。
か・わ・い・い~!

Cimg2491

背板のついた木箱から溢れ出そうな多肉植物とサボテンちゃん達。
こういうストーリーを感じるモノにすごく魅力を感じます。

じーっとよく見て、隅から隅までいろんなところを眺めて楽しめる。
こりゃ、もうアートだね。
「作品」って呼びたいレベル。
作者はPUKU PUKUさん、という。
ブログを見つけました。(コチラ)

あぁ、これって、壁際の花壇風なのかなぁー。
小さい鉢が可愛い。
鍵まで付いてるよ!

この写真は、もらってすぐ玄関に置いて眺めたくて、撮ったものなので、包装フィルムがついたままだけど、もちろんすぐ取りました。

ちゃんと説明を書いた紙を付けてくれてて、寒い季節は室内に入れるのもいいんだそう。
多肉植物のことももっとちゃんと勉強しようっと。
ウチの伸びすぎたミカヅキネックレスも何とかしてあげたいもんね(*^_^*)。


にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村

↑最後まで読んでくれてありがとうございます。
来たよ、っていう足あと的な感じで押していただけると嬉しいです。

ブログ「語学の穴」も更新中!
英語とか興味ある方はぜひ覗いてみてください。

2012年4月21日 (土)

枕木とレンガを敷くエクステリアDIY

先日、天気が良かった日に、ついに!枕木&レンガ敷きをやったデス。

Dsc_0125_2

奥の部分は未完成。
買ってきた砂と土が無くなってしまったので、追加で買わなくちゃ。

使っている枕木のうち1本とアンティークレンガは、フィトライフさんのモデルガーデン解体セールで売っていただいたもの。(合計200円)

あとになって、枕木を飛び石のように敷くアイデアをやりたくなったので、最寄のホームセンターHOME'Sで、枕木風の既にカットされた、エクステリア用の材木2本を買い足した。
サイズはちょうど。

まずは砂利をどけて、土を掘り下げるんだけど、これが大変!
石が大量に埋まってる!
時々思いのほかデカイ石が埋まっていて、まるで化石発掘か!っていうくらい、石の周りを掘って掘って、コテの原理でガボッ!と外れたときは快感です。
が、自分の足をつけている地面より低い部分を掘っているので、腰痛もちにはキツかった~。

枕木の表面が横のコンクリート面と合うぐらいの深さを掘って、砂とか土を少し足しては調整した。
コンクリートは若干の傾斜がついているので、それに合わせた。

レンガは枕木より厚みがないので掘る分には少し楽。
普通ならモルタルで下を固めるところなんだけど、ダンナの「変えたくなった時に大変だからモルタルしないで」という希望を尊重し(もとい、議論するの面倒で)、土と砂だけ使ってる。
だからレンガを踏んで体重をかけるとちょっと動く。

まあ、枕木を飛び石風に敷いたから、普通はレンガは踏まないはずだからいいか。
子供たちは、いろんな踏み方してくれそうだけど。(^-^;

最後に、すこし引いて全体像を撮った写真がこちら。
すこしずつ、ナチュラル&ジャンク・ガーデンに近づいてってるのが嬉しい!

Dsc_0126_2

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村
↑最後まで読んでくれてありがとうございます。
来たよ、っていう足あと的な感じで押していただけると嬉しいです。

2012年4月11日 (水)

Evernoteでガーデニングをプランニング

昨日やっと晴れて暖かくて近所の桜も満開。わーぃ!
「ザ・春やで!」という花見日和。
息子の幼稚園が休園日、且つダンナが仕事休みの日だったので、自転車に乗って公園に行って遊んだ。
息子の希望で、延々とかくれんぼ・・・。
丸1日息子とつきあって疲れた~(>_<)。

さて、今日こそ庭いじりでも、と思ったら雨。
あーぁ、桜も散り始めてるわぁ。
満開の桜が雨や強風に散らされることが無い年って今まであったっけなぁ?

まあ、雨で作業ができない分、今日は今後のガーデニング作業についてプランを練っておこう。

ちなみに先日チューリップは既に白いのが咲いたデス。
(草間彌生展でもモチーフになっていて、チューリップとのご縁を感じる今日この頃。)

Cimg2449

さあー、ガーデニング&エクステリアDIYの壮大な計画をどうやって実現するのか!?

手順は、頭の中の考えを書きだして「見える化」
→優先順位や見積時間を分析
→作業をさらに具体化&細分化
→1つずつ実行に移す

まず、思いつくまま、頭の中で考えてきたアイデアをEvernoteにタイプしていく。
Evernoteを使うとスマホからも見れるし、編集も可能だから便利。
買い物も店に行ってスマホ見ながら出来る。

現段階まで書いた内容をここにコピペ。↓

庭のリフォーム】
 デッキの向きを変更する
 床にウッドパネル敷く:30m
 フェンスを作る:1h

このブルーにペイントしたウッドデッキをリビングの掃き出し窓に沿うように置き直したい。

Cimg2453_640x480

というのは、この手前には車を停めていて、車とこのスペースの間にフェンスを作りたいから。
畳2枚分の狭いスペースを一体感のある空間として使うには、いっそ仕切った方がいいと思って。

【花壇を作る】
 柱を2本立てて、タープか屋根を掛ける
 レンガ買って来る
 レイズドベッド作る:2h

Cimg2452_640x480

駐車スペースの端の10センチほどの空いてた部分も土をたがやしてクローバーとか植えてます。
地植えにするスペースがもう少しほしいので、この奥、の車に接しない部分にレンガを積んだ小さい花壇を作りたい。

【通路のリフォーム】
 砂利を撤去する:1h
 ゴミ箱を置く
 道具を整理整頓する:30m

そのさらに奥の、家と家の間で通路になっている部分。
去年は、ゴーヤのグリーンカーテンをした場所。
園芸用土やらを適当に置いてしまっているので、用途に合わせてちゃんと整理したい。

こうやって、作業の見積時間を書いてみると断然、作業に手をつけやすくなるような気がする。
「:30m」は30分、「:2h」は2時間かかりそう、という意味。
もちろん見積通りの時間で終わるかどうかは分からないけど、一応書いておけば、30分の隙間時間がある時に「:30m」の作業を選んでのやりやすくなる。
精神的に。

仕事もあるし、息子が幼稚園から帰宅するのは3時前だし、丸々1日作業に当てられる日はほとんど無い。
だから隙間時間を活用するのだ。

時間がかかりそうな作業にしても、「いくら長くても2時間で一旦区切りがつく」と分かって始めるのは、そうでない場合に比べて腰を上げやすい。

逆に言うと、実際にやる作業はなるべく具体化&細分化して、書くといいってわけ。
それに迷ってることとか、優先順位とか、書いたモノを眺めているといろいろと見えてくる。

あとは・・・・・・、雨よ、やんでくれーぃ。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村

↑最後までよんでくれてありがとうございます。
来たよ、っていう足あと的な感じで押していただけると嬉しいです。

2012年3月30日 (金)

初めてのチューリップ

先日苗を買って植えたチューリップがもう伸び始めた!(^o^)
一番右の、白い花がもう見えてる〜♪。

Tulips

息子もすぐに気づいて、ご近所さんに「見て見て!」と自慢気に知らせてた。(^_^;)

実はチューリップを植えるの、初めて。

春と言えばチューリップ。
ガーデニングに縁の無い生活をしてた頃から憧れてました…(*^^*)。

苗からなら失敗することもないだろうと思いつつも、内心ドキドキ。
いろいろ枯らせた前科があるもんで…。

花が見えて何とも嬉しい気持ちになった。

写真にうまく写らなかったけど、左端にチラッと見えているのは、小トトロです。

ソフビ人形を200円で見つけて、買ってしまった!
大トトロと中トトロは売り切れだった…。

いやぁ、ガーデニング楽しいわぁ〜♪。

今日のお昼は急に暑いくらいの日差しで、クローバー達もメキメキと背を伸ばしてます。
まるでトトロの魔法みたい。(^-^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑クリックお願いします。
励みになります。
クリック少ないと寂しいものです。

2012年3月27日 (火)

ガーデニング、始動

やっと、春、来たかなっ!?
今年は寒い日がいつまでも続いて冷え性にはキツかった。
でも、先日、お昼の陽が差してて暖かい時間帯に我慢しきれずに、「庭いじりプロジェクト」、遂に始動!

まずは、ガーベラを買ってきました。

Haru

オレンジのガーペラって、明るくて爽やかで元気いっぱいで「春!!」って感じで大好き~。
空いてる鉢が無かったので、まだ買ってきたそのまま。(^^;)

ちなみに隣のレンガはアンティークレンガ。
「やまぼうし」という店で買って来て、沖縄土産でもらったシーサーを飾ってすっかり定着しております。
なぜか、このレンガ、近所の小さい子供達が上に乗って立とうとする。
私は「それ、神様やでー」と言って制している。

写真はまだ撮ってないけど、チューリップの苗を3つ植えて、ミニバラも買ってきた。
リーズナブルな園芸店が近所にあるのでホンマにありがたい。
チューリップの苗なんて最後の売れ残りだったんだろうけど、3つ100円だった。

近いうちに写真を撮って続きを載せたいな。
(↑これ、忘れないように自分に対する言い聞かせ!)

建売戸建てを買って引っ越して秋に3年目を迎えるというのに、庭は砂利(バラス)敷のまま。
花壇も無い。
家の西側の細い通路スペースもガーデニングの用土置き場と化している。
宝の持ち腐れ、ってこういう事を言うんでしょうね。

今年こそは冬が来る前に、出来るだけ理想の庭に近づけたい!

花とか植えるのもガーデニングだけど、レンガ敷いたりするのもガーデニングって言うのかな?
エクステリアDIYというのか。
まずは、ファサードの砂利敷きをレンガ敷きに変身させるプロジェクト。

Jari

これがBEFORE状態。
ここに立てて置いてある枕木も敷くつもり。

図書館でエクステリアDIYの本もいーっぱい借りて読んだ。
あとは体を動かすだけ。
ダンナにも手伝ってもらおう。

プロセスの写真、いつも撮るの忘れちゃうんだけど、作業中に思い出しますように。

この家に引っ越して約2年半。
エクステリアDIYを本格的に始める前に、必要な時間だったと思う。
戸建てに住むのも庭を持つのも庭いじりも幼児の頃を覗くと初めての経験だし。
まずは、この家の四季による変化を見たことは良かった。
たとえば、リビングの西側の壁は西日がキツイので、去年はグリーンカーテンをやってみたら、なかなかよかった。
夏だけじゃなく通年で楽しめるグリーンカーテンもいいんじゃないかと思うようになった。
そこにフェンスを板で作ってみようと思っている。
これも住んでみて、やってみて、出てくるアイディア。

どこまで出来るか分からんけど、納戸の片付けよりは前向きに考えられる・・・。(^^;)

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村

↑クリックお願いします。
励みになります。
クリック少ないと寂しいものです。

2011年11月11日 (金)

ウッドデッキ、意外な使い方

我が家は2009年に購入した建て売り住宅。
小さいながらも人生で初めて「庭」というものを所有することになった。
一戸建てに住むのも初めてなら、賃貸じゃないのも初めて。
ガーデニングやらエクステリアやらいろいろな本を読んで、いや、眺めて、
庭造りへの思いを描いていった入居1年目。

しかし、ダンナと話し合う度にことごとく意見の相違、言葉足らず、説明不足、
など普段からの問題が露出することに・・・。
庭をつくっていきたいけれど、話がまとまらないストレスがたまる、というプロセスが続いた。

どうせ家にいるのが長いのは私の方だし、私に任せてくれたらいいのに、と何度思ったことか。
まあ、でも、ダンナも家族のためにと購入を決意したマイホームという想いもあるだろう、
あれこれと庭に関してもアイデアや意見が尽きなかった。

そんな2人が、たまたま見に行ったモデルガーデンで一番気に入ったモデルが同じだった。
ジャンク&ナチュラルテイストだった。
そこから、なんとかお互いの共通する庭が「見え」はじめた。

この写真のウッドデッキ。
ダンナがウッドデッキに賛成するまでも長い時間がかかったのだが、
ちゃんとしたものをぴったり合う寸法でオーダーすると結構なコストがかかるので
ネットで安いものを購入することに合意するのは割と早かった。(商品リンクこちら)

「大物を一度設置してしまうと変えたくなった時に手間がかかる」というのが
常に問題として挙がった。
だから、3つのデッキを組み合わせていろんな配置が可能、という商品を選んだ。
2つ並べた寸法は駐車スペースとリビングからの掃き出し窓のところにぴったり合う。
まず、青のペンキを塗って、最初はリビング前に3つ、L字型に置いていた。
しかし、今ひとつ使いにくいし、車の後ろが狭すぎる、とダンナが言い出した。
それで、写真のように1つだけ玄関前、かっこよく言うとファサードに移動したわけだ。

ウッドデッキ

最初、ダンナがこの提案をした時、正直なところ私は仰天した。
ファサードにウッドデッキを??
強く反対を表明すると喧嘩になりかねないので、
ファサードが狭くなるんじゃないかという懸念は表明しつつ、
最終的には「まずはやってみて使用感を確かめよう」という結論に落ち着いた。

すると、なんと結構いけることが判明したのだ。
ファサードの通路スペースはちゃんと1人通れる幅を残しているので、狭いとか通りにくいという感覚はなかった。
そして次々と判明する使い勝手の良さ。
庭仕事の途中でちょっと腰掛けられる。
子供たちが家の前で遊んでいる時にママ友とちょっと腰掛けておしゃべりできる。
息子のお友達の妹や弟が小さい場合、ママが抱っこして腰掛けられる。
近所の子供達が遊びに誘いに来て、そのままデッキで待ったり遊んだりできる。
今はデッキの奥側にダンナの趣味でメダカと金魚の入った鉢を置いていて、子供も大人も魚達を覗き込んで挨拶する。
けっこう癒される。

思えば、以前ネットで見て「いいな」と思っていた、アメリカ式の玄関外がそのままデッキになっているスタイルに近い。
よくブランコやおばあちゃんの椅子が置いてあるあれ。
映画「グラン・トリノ」では、クリント・イーストウッドがあの玄関デッキに置いた椅子に腰掛けて自分が手入れした庭の芝をビールを飲みながら愛しげに眺めるというシーンが印象的だった。(そのシーンの写真こちら
いい映画だったなぁ。(私の感想エントリーこちら)

本を読むことは色んなコトの入り口に基礎的な知識を与えてくれるけど、
そこからどこへ向かっていきたいのか、発想を自由にすることは大事だ。
そして、考えるよりもやってみることも。
そして、何よりもコミュニケーションを閉じないこと。

・・・・・
読んでくださってありがとうございます。
ブログ村ランキングに参加しています。
↓クリックしてもらえたら嬉しいです。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村

2011年10月27日 (木)

秋の庭 Autumn garden

昨日、7日間集中レッスン(21時間!)を無事に終えることが出来て
すがすがしい気持ちに包まれた。
肉体の方はだいぶ疲れがたまっているが、
今日は久しぶりに朝からガーデニングというか庭いじり。

台風が来たり、10月も意外と暑かったり、仕事が忙しくなったり、と
「秋の庭いじり」をせぬまま10月も終わりに近づいてしまったので
懸案事項としてどんどん優先度が上がっていた庭いじり。

先週、取り急ぎ2つ花の苗を買っておいた。
金魚草とレモンマリーゴールドというもの。
それを今日やっと鉢に植えた。
やっぱり花が少ないと寂しいもの。

春に種から植えた千日紅は最近になってすごい勢いで紅とピンクの可愛い花を咲かせている。
株も大きく育って、1株から何本も茎が生えてそれぞれが伸びようと場所を争っている。
通路にはみ出してる部分が邪魔になるので、
切って飾ってみた。
こういうの、嬉しいね。

秋の庭


3月だったかな、種を植える時に息子と同じ幼稚園の近所の子供達(女の子)が集まってきて、
「植えてみたい~」って言うので、4人ぐらいだったかな、順番に種を手渡して、
「はい、この穴に1粒ずつ入れてね。そう、次はYちゃん、はい、ここ。
わ!3粒も入れてるやん~!1粒ずつやで。」と、やいのやいの言いつつ楽しく植えたことを思い出す。
その後、芽が出たらまたその子達が見に来て。
けっこうたくさん育ったから、ポットに植えて、ご近所の仲良しさん達に
分け分けして、それぞれの庭でも今、咲いている。

うちの庭は作り手に似てか、小綺麗ではないけれど、
飾り気なくナチュラルで、子供達が気軽に遊びに来てくれる。
ダンゴムシとか生き物もいっぱいいるしね。

そういうわけで庭いじりはやっぱり楽しいのだ。
少しずつでも手を入れて整えて行きたいな。
野望は大きいのだ。
立水栓を作りたいし。
板壁を立てて、蔓植物を這わしたいし。
薔薇はまだまだ夢のまた夢かな。

・・・・・
ブログ村ランキングに参加しています。
↓バナーをクリックすると、人気ブログ・ランキングが見られます。
当ブログへのランキングのポイントになりますので、クリックして応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ

より以前の記事一覧

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Links