ブログ村ランキング↓クリックで投票してね♪(1日1回有効)

facebook いいね!

  • facebook いいね!

my twitter

  • my twitter

related items

my bookshelf

  • ブクログ

整理・収納

2015年2月 3日 (火)

細部に宿る何か --- 歯みがき粉の配置

来訪ありがとうございます。
1月の下旬は息子→私というインフルエンザ・リレーで終わってしまいました。

久しぶりの事で新鮮でしたけど、来年は予防接種しようと心に誓いました!
咳がしつこく残って苦しい~。


さて、年末に大掃除らしき事をした時の話。

なぜだか私はただ掃除をするだけでなく、物の配置を変えてみたり物の使い方を再検討してみたりしてしまいます。

だから時間がかかっちゃうんだなぁ〜。

今回は歯みがき粉の置き方を変えてみました。

歯みがき粉の配置

ネットで見たやり方。どこだったかな?

家にあったバインダークリップで歯磨き粉チューブのおしり部分をはさむ。
片方は歯みがき本体側にたたみ、もう一方をひっかける用に。
フックは無印の「横ブレしにくいフック」」。
キッチンで使ってたのを移動してきた。

シンクにじかに置いてないと清潔感がアップしますなぁ。
もちろんシンクの掃除がしやすいし。

それにウチのシンク、内側に向かってゆるく傾斜がついてるので、置いてる物がコロコロシンク内に落ちやすい。
特に歯磨き粉が残り少なくなると重量が軽くなって落ちやすいんだよね。
これなら、落ちる心配、全くなし!

こういうの、変化自体はとっても小さな事なのに、日々の習慣が変わって気持ちが大きく変わりました。
「不快が減った」「よりよくなった」という気持ちのよさを日々感じる。

そして、ここに配置しても息子の手が届くようになったという変化への実感も・・・。
いや~、踏み台を撤去したのはいつだっけなぁー?
成長したんだなぁ~・・・。
しみじみ~。

歯磨き粉1つでここまで語るか~。
本日もお付き合いいただきありがとうございました。ぺこりm(__)m

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
お手数ですが、下の写真(ブログ村バナー)をクリックお願いいたしますm(_ _)m!(1日1回有効です)
その1クリックがめちゃ励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

2013年12月 6日 (金)

「部屋を片付ければ人生が変わる」読了

***
あなたの部屋は、
あなたの人生の邪魔をしています。
すぐに部屋を変えましょう。
(中略)

部屋が変われば、
あなたの意思は
自然に強くなり、
眠っていた能力が
引き出されてくるからです。

***

いきなり引用から始めてみました。

そう、「断捨離」ブームがあり、「ときめきお片づけ」が世を席巻した後、今キテルのがこのヘヤカツです。

「部屋を活かせば人生が変わる」 部屋を考える会 著

タイトルで「人生が変わる」って言いきっちゃってる。
部屋をかたづけると、なぜだか良いことが起こり始める、とかいうレベルじゃない。
「人生が変わる」理由を、ちゃーんと説明してくれている。
スッキリ!

おまけに「片づけ術」の本ではない、とも言い切ってる。
んー、じゃあ、私が今まで読んで感想をブログに書いてきた一連の「片づけ本」達をどう呼べばいいのかな・・・。
んーと、んーと、もう「ヘヤカツ本」って呼ぶしかないやね。
私は「片付け本ウォッチャー」改め「ヘヤカツ本」ウォッチャー、になるわけか。

ハッ!∑( ̄0 ̄
それがこの本の斬新さの本質を表してるかもしれない。
「捨てる」でもなく「片付ける」でもない、本質は「部屋を活かす」のだ、ってことですねぇ。

「捨てたくない」人も、「片付けるの嫌い」な人も、「部屋を活かして人生を変える」のは嫌じゃないと思う。
今までのブームに乗れなかった人も今回は乗れるんじゃないかなぁ。
特に男子。

図面やイラストも多く、アイデアも具体的でホンマにわかりやすい。

私は、この本で紹介されている、「3つの部屋の流れ」と「部屋に流れを通す方法」を読んで、あー!そうか!!と開眼した。

「捨てられない」し、「片付ける」のも苦手、という人だって、自分の家なり部屋で食事をし、服を着替えるわけだもの。

そういう風に視点が変わると今まで見えてなかったものが突然見え出すことってありますよね。
私も久しぶりに自分の部屋を見直した、と言うか、アカンとこが見え始めて、体が自然に動いた。
まずは玄関をやっつけたので、これから時間を作って家中をヘヤカツしていきたいっ!

あと、この本のある部分を読んでスンゴイ嬉しかったのが「Chapter3 lecture03 食器洗いを愉しむ」。
食器洗い機を導入せず、食器は手洗いと決めて、最近は「食器洗いにも哲学があるのよね」とこだわり始めてた私にとって、「あー、それ言ってくれてたのかぁ~!」って感激。

今まで色んな本を読んできたけど、コレ明言してくれた本に出逢ったの初めて。
いやー勇気をもらいました。

唯一、ホンマに1点だけ意見が違ったのは、私は「掃除機はマキタ」派だってこと。
とにかく、軽くてコードレス最高。


まぁ、「ヘヤカツ」については、You Tubeに動画があるので見ていただければ、一発・腑に落ち、かと思います。

PV

津田大介(ネオローグ)ヘヤカツ実践録!(前編)

最後に、この本の企画をされた、岩崎夏海さんご本人のありがたいお言葉。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を書いた人なんだって。
これも読んでみようかな。

♪:;;;:♪ ↓
先週腰を痛めたので今日は接骨院行ってきまーす。
1クリックで応援おねがいしまーす↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ブログ更新の励みになります。
ありがとうございました!.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。.

2013年6月17日 (月)

進化し続けるお片づけ本

前回のエントリーを書いたその日、息子が小学校から帰宅した直後、ランドセルを開けて、こう言いました。
「こうすればママ喜ぶんやろ?」
そして、給食セット袋を開けて、お箸箱をキッチンシンクまで持っていき、ナフキンを洗濯カゴに入れてくれたのです。

私は「わー!すごい~!!ママ感動したぁ~!ヽ(´▽`)/」と心のままに叫びました。
ブログに書いたその日に、まだまだ先やろうと思っていたことが実現するとは・・・。
まるで思いが伝わったみたい。

実はこの日、小学校生活の様子が気になって担任の先生に話を聞きに行ってたのです。
それを知ってた息子、彼なりにいいところを見せたくなったのでしょう。
でも、それがこんだけタイミングと内容がドンピシャだと奇跡みたいで嬉しかった。

でも水曜には「今日は疲れてるからもういいやろー」って言うて支度カゴに入れるとこ止まりだったけど。
ま、それも良しとしよう(゚ー゚;。行きつ戻りつ。


さて、そんな私が最近、買った片付け・整理・収納に関する本を紹介します。

「ミセス美香の美的ハウスキーピング すてきな収納・家事Lesson」

著者の中村美香さんのブログはコチラです。

表紙の写真、ご自宅のリビングって言うからビックリですワ、ホンマに。
私が感銘を受けたのは、インテリがキレイということではなく、キャッチフレーズになってる「どこを開けても美しい」というコンセプト。

引出もクローゼットも戸棚も、どこを開けてもホントにシンプルで美しく整えられているのです。
この本には家の中の各所の収納部を開けた写真が載っていて、見てるだけで気持ちいい。

たとえば、キッチンの引出収納の1番上。
ブログにも写真が載ってるので是非見てほしいです。ココ

結局、道具を厳選して大事に使っていて、且つ、取り出しやすくなっている。
毎日のように引出を開けてこの光景を目にする度に、気持ちよさを感じ、料理をし、益々道具に愛着を感じる。
これよ、私の目指したいのは~。

こんまりさんの「ときめきお片づけ」でお片づけ本は行き着くトコロまで行ったように思ったけど、まだまだ進化する余地があるんだなぁ。

ウチも少し前にキッチンの引出の中を整理して、使ってない不要品を処分しました。
逆に使ってなかったけど、これからは使っていこう、と1軍に抜擢したモノもありました。
いずれにしても少数精鋭。
以来、料理がしやすくなったなと1人でほくそ笑んでいます。

ミセス美香にはほど遠いけど、家中の収納をこれから整えていきたくなってきた。(←またまた影響を受けやすい)

ウチは1階は片付いてるけど、2階が片付けても片付けても終わりがない状態が続いている。
多分、2階もリビングだと思うぐらいの認識の転換が要るんだと思う。
「どこを開けても美しい」を目指して今月がんばっちゃおうかな。

遊びに来た息子の友達に「2階は行かないでね」って言うのもう止めたいもん。

♪:;;;:♪ ↓真夏が来る前にエアコンがない部屋の片付け終われるよう、1クリックで応援おねがいします↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ブログ更新の励みになります。
ありがとうございました!.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。.

2013年6月10日 (月)

朝の支度を見える化

息子が小学校に入学して早2ヶ月。
ランドセルにも、坂道を越えての登校にも慣れてきたみたいです。

しかーし!
母としては朝の支度も自分で出来るようにもなってほしい・・・。

前日夕方のうちにやっておけないのが、水筒と給食セット(お箸箱とランチナフキン)。
あと、ポケットにハンカチ&ティッシュを入れること。

と、いうわけで、たまたま買った花火セットの台紙が赤くてキレイだったので、こんなのを作ってみました。↓

朝の支度を見える化
(ケータイ投稿したので写真が横向いてて申し訳ないデス(>_<))

100円ショップ定番のB5サイズ・バスケットに赤い段ボール紙を仕切りにして4つの収納場所を「見える化」しました。
底板も段ボール。
ラベルは白マスキングテープ。

4つの場所はそれぞれ↓
(1)ハンカチとティッシュ・・・もう収納の定位置をココに決定。
(2)水筒・・・朝、お茶を入れて「すいとう」と書いたトコロに立てておく。
(3)歯磨きセットの巾着・・・前日持って帰ったまま置いてOK。週末全部洗う。
(4)給食セットの巾着・・・中身を入れてそれぞれの箇所に配置。

これで、息子は朝、ランドセルを開けて、ホホイのホイと入れるだけ!

いや母の思惑はそれだけにあらず。( ̄ー ̄)ニヤリ
学校から帰ったら、なるべく早くランドセルを開けて上記のモノ達を自分で出せるようになってほしい!
洗うのは母の仕事ですからねぇー。
水筒、お箸→台所
ランチナフキン→洗濯機

台所と洗濯機まで運ぶ部分を息子にやってもらうのはハードルがまだまだ高そう。
それならば母が忘れずやるように、取りやすく置いてほしい。
当然、床にガッシャーンと置かれるとかも回避したい。

と、いうわけで、息子が帰ったら、朝とは逆に、ランドセルからカゴの定位置へ出してもらおう。

そんな風に作りながらアレコレ考えて我ながら良い出来やん!と自画自賛(≧∇≦)。

でも、息子が実際にそう動いてくれるもんかなぁ~( ̄ヘ ̄)。

これを作った日、息子が帰宅した時に説明して私がやってみせました。
息子はフーンって感じ。

2週間ほど経ったでしょうか。
今では・・・息子は、やってくれるようになりました!

でも、実は、毎回私が声を掛けてマス・・・ヾ(´ε`*)ゝ。
帰宅時、「ハーイ、ランドセル開けて水筒とかここに出して入れるよ~」
朝、「さぁー、朝の用意しよかぁ~。ランドセル開けてココのモノ、入れるよ~」

なるべく「やって」「入れて」という命令形を使わないように心がけております。
もう少し慣れてきたら声を掛けなくても自分からやってくれるんじゃないかなぁー。
と、未来を夢見て、遠くを仰ぎ見る私・・・。

蝶々結びができるようになったら、巾着のヒモも蝶々結びしてほしいなぁと今から考えたりして・・・。先の話やろうなぁー、でも、その時はふとやってくるんやろうなぁー。

片付け・収納、私はアレコレ考えたりするの好き。
たぶん息子は片付け苦手なタイプかもしれない(誰に似たのか)。
でも、工夫して苦手意識を持たないように、毎日のことだからスッキリと暮らす気持ちよさを感じてほしい。
そして何より身の回りのことを自分でできるようになってほしいな。

立派そうなことを書いてるけれど、実際は、1度失敗して私が懲りたのです。
ある日、学校から帰った後すぐに出かける用事があって、帰宅してからは疲れて夜はバタンキューで、朝、気がついたときにはランドセルが前日のままだった、という衝撃。
うわぁ~イヤやぁ~(。>0<。)。

そんな失敗から生まれた「朝の支度カゴ」なのです。

♪:;;;:♪ ↓2階は全く片付いてませ~ん(/ω\)・・・。どうか1クリックで応援おねがいしまーす↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

ブログ更新の励みになります。
ありがとうございました!.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。.

2012年12月13日 (木)

断捨離、続行中---本を手放す

年末気分で、断捨離&お片づけ気分まだまだ続いてます。
できるだけ毎日午前中に20分ほど時間を取るようにしてます。

そんで、うっかり気分が乗ると30分以上お片づけをしている自分に気づく。
そっちに時間を使ってブログを書く余裕がないほど。
今週は1回昼ご飯を食べ損ねたほど。

今回は本の断捨離の話。

本。
私にとっては一番増えるペースが速いものかもしれない。
買わないようにしてても、どうしても読みたい図書館にないモノと新刊はつい買っちゃう。
1増えたら1減らす方式、きちんと実行しなくちゃ!

手放す方法は。。。
1)定期的に本棚を見回して、手放してもいいと思う本を抜き出す。

2)その本をあげたい人がいないか考えてみる

3)処分したい本が10冊ぐらいたまったらBOOK OFFに売りに行く。

今日はいつもと違って、スターバックスに本を寄付してきました。
BOOK FOR TWOという「オーディオブック作成の支援」になるんだって。
本好きとしては、なんか参加したいプログラム。
ハワイ大学在学中に買った、もう読まない洋書を4冊持っていった。

学術的な洋書ってBOOK OFFに持って行っても、買ってもらえる需要が低いかなと思って、なんとなく持ち続けてた。
どこかで役立つなら嬉しい。
超がつく貧乏学生だったのに本は必要だと思ってランチ代をケチって買ってたもんなぁ。
そうそうポイッとは捨てられなかった。

断捨離、と言っても、とにかく減らせばいいってものじゃないと思う。
1つ1つの物と向き合って、今の自分との関係性を問う感じ。

今回、ハワイ大学在学中に買った本を手放したのは、そっち方面の執着が無くなったんだなぁと思う。
さすがに卒業から10年以上経つし、そこで学んだ大切なことは既に血肉化している。
アカデミックな世界から遠ざかり、出典を明確にする必要もない。
以前は「また読もう」とか思ってたけど、英語の読解力が落ちて洋書には手が伸びなくなった。

それに、「人間は変化する」ということを思い知ったということが大きい。
出産、乳幼児の育児、さらにウツ症状に苦しむ時期を経て、ここしばらくは自分の心と体のモニターをし続けて「無理しない暮らし」を考えてきた。
毎年毎年自分が変化する幅が大きくなってきたような気がする。

1つの理由は、生活が子供中心に廻っているからだろう。
小さい子供の変化は大きい。
それに併せて自分も変化する。

その一方で、より根本的なことを考えるようになった。
自分の中で変化しにくい部分も自覚が出てきた。

根本的なコトと言えば、例えば、「自分にとって心地よい暮らしとは何だろう」というような問い。
変化しにくい部分と言うと、例えば、「おそらく生涯を通して語学には関わっていくんだろうな」というような思い。

そういう一部、自分の軸になるような物はあるけれど、それ以外は自分がどうなっていくか未知数だ。
こう思えるようになってきて最近、物を手放せるようになってきた。
手放せる物を見極められるようになってきたのかな。

なーんてコトを言ってるけど、2階の「納戸」、いや、「DIY工房になる予定の部屋」はまだまだ完成してませ~ん!(^_^;)
少しずつ進んでるけど、人に見せられる状態じゃない!
いつの日かブログで完成披露したいなぁ。(遠い目をする)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
お手数ですが、下の写真(ブログ村バナー)をクリックお願いいたしますm(_ _)m!(1日1回有効です)
その1クリックがめちゃ励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

2012年12月 3日 (月)

断捨離の波、再び

もう12月ですね、はやいなぁー。
年の瀬も近いということもあってか、最近、断捨離の機運が高まっております。

中途覚醒による不眠もずいぶんましになってきたので、日中動けるようになり毎日どこかしら片付けている感じ。

やりやすい所から少しずつですが。

今、書類の整理をしながら心がけていること。

それは「行動と結びつけること」です。

なぜなら、なんとなく取っておいてるものが結構あるから。

例えば、観に行った展覧会のチラシ。
なんで置いてるんだろう?このチラシはどういう行動に結びつく?と考えてみる。

よくよく考えると、このチラシに載ってる絵が好きだから、また見たいんじゃないか?
「見ること」なんだったら、じゃ、とことん眺めてみようかと、壁に貼ってみた。

もう要らない、と思うまで貼っとこう。
ファイリングしてもいいんだけど、想い出としてファイルを開いてまた見るかなぁー?
そんなにしょっちゅう想い出にひたるためにファイルを開かないんじゃないか?

こういうパターンのほかにも、ちょっと気になる情報が載ってるフリーペーパーとか。
いつまでも置いててもしょうがない。
なんで置いてるのかというと、次の行動は「調べて知る」。
だから、手帳に要点を書き写す、とかググって調べて分かったことをEvernoteにメモしておくとか。

そうやって、「行動」につなげていくと、そうそう沢山の情報を溜め込んでおいて、「いつかやる」のは無理だと気づく。
本当に自分が大切だと思うことのレベルが高くなる。

「結びつく行動」が無いなら、捨ててもいいってことだし。

だから、身体性を通過することはやっぱり大事ってことかなぁ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
お手数ですが、下の写真(ブログ村バナー)をクリックお願いいたしますm(_ _)m!(1日1回有効です)
その1クリックがめちゃ励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

2012年9月 4日 (火)

お掃除でなぜ人生が変わるのか

「現代霊性論」集中講義の話の続き。

また、内田センセイから「おそうじ」の話が出て嬉しかった。
だって、黙々とウチの掃除・片付け・整理整頓をやってて、その端から息子とダンナに出した物を放置される日々なんだもん。

脱いだ靴下が床に落ちている。
脱いだパンツやズボンが脱いだままの形でオブジェの様に屹立している。
ソファーの背もたれ部分に脱いだシャツや使ったタオルがかけてある。
使ったおもちゃ、読んだ本は床にそのまま。
まるで、ある日、神からの啓示でも降りないと片付けの習慣など身につかないかのようだ。

内田センセイの話に戻る。
今回の「霊性論」では、前回のエントリーでも少し触れたように、「先駆的知」や「霊的感度」を高める必要性の話だった。

「先駆的知」というのは、まだ起こってないのに「分かる」ということ。
例えば、9・11の時に、なぜかWTCビルを離れた人達がいる。
JR尼崎の脱線事故の日、なぜかその電車に乗るのを見送った人達がいる。
人間には、そのような「霊的感度」が備わっているし、非常に高い人もいる。
また、訓練次第で高めることができるということだ。

霊的感度を上げることを可能にする訓練の1つが、おそうじであるとのお話であった。
倫理とか衛生の話ではない。

近藤真理恵さんのベストセラー著書「人生がときめくかたづけの魔法」という本の中では、かたづけを徹底してすると人生が好転し始める、と言う。

苫米地英人さんの「気を整えて夢をかなえる整理術」では、自分の夢をしっかりと描いて、その目的、自分の役割に応じて部屋を作っていくと、実際に夢を叶えられる、と言う。

つまり、自分の霊的感度を上げることによって、外界からの様々なシグナルをキャッチすることができるようになって、運も掴むことが可能になるということだろう。

内田センセイは、合気道の道場主であり、まず、キレイに掃除された道場の畳に素足で足を踏み入れると足の裏の感度がグッと上がる、と仰った。
なるほど!
もう1つ挙げられていた例が、能の舞台。
能の舞台は、その板の間を、舐められる程に磨き上げるのだそうだ。
足袋をはいて、その塵1つ無い板の間の床をスーッと能の摺り足で滑る。
これも感度が上がるそうだ。

私は自分がリビングのフローリングを雑巾で拭き掃除していることについて考えた。
確かにそうだ。
ホコリを掃除機で吸っても、数日すると、拭き掃除をしたくなる。
足裏の心地よさのレベルが下がってくるのだ。

それで、この2週間ほど忙しかったり体調が悪かったりしたのだが、今日、自由な時間が生まれて体調も良く、さあ何をするべ、と優先順位を考えた時に、1番に上がったのが「床拭き掃除」だった。

今まで、もちろん自分が気持ちよく過ごしたいからやっていたけど、新たな意味が加わった。
内田センセイの教えに従っているという喜びもあるし、霊的な感度を上げることも意識される。
この床の気持ちよさが息子とダンナのセンサーにも無意識レベルで伝わってるといいなぁー。

最後に、内田センセイがお掃除について書かれているブログエントリー「ご飯を作り、お掃除をすることの英雄性」のリンク、こちらです。
ぜひ!読んでみてほしいなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012年7月 2日 (月)

そうじの神様、降臨

幼稚園のイベントやら息子の習い事やら何だかんだと忙しい日々。
ブログの更新もままならない初夏。
ふと、掃除の神様が降りた。

なんのことはない。
家中のフローリング床を裸足で歩く季節になったわけで、ホコリやゴミが落ちていたらイヤだから、まめに掃除したくなる。
掃除機をかけるだけでは物足りず、ぞうきんがけをしたくなる。

さらに、
暑苦しさを少しでも軽減するために、部屋においてあるゴチャゴチャしたものを撤去したくなる。
一昨日、BOOK OFFに本を18冊売ったところ、買い取り額が合計1000円を超えたので、嬉しかった。

今日は、朝早くから、気温が上がって布団の中でじっとりと汗をかいて目覚めた。
雨降らないという天気予報だったので、布団敷きパッドも洗って干した。.
午前中の仕事して帰宅してから、息子の布団を干して、窓拭きをした。

んー、スッキリ!!ヽ(´▽`)/

こうやって、そうじをあちらこちらやってると、置いてるものの多さに暑苦しさを感じる。
あー、す、捨てたい・・・と沸き上がる衝動。
断捨離の機運も高まってきた。

ホント、なんでこんなに本を所有しているんだろう!
こんなに貯め込んでバカみたいな気がしてくる。
約、本棚4本が埋まっている。

この掃除の波に乗って、夏のうちに、本を断捨離しよう。
今回こそ、ごそっと行くぞ!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
お手数ですが、下のブログ村バナーを1クリックお願いいたしますm(_ _)m!(1日1回有効です)
その1クリックがめちゃ励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

2012年3月29日 (木)

「気」とは何か --- 部屋は夢の一部

「ちょっと立ち読みだけ~」と思って本屋に寄ると、たまにどうしても1冊買ってしまう私。(お金無いのに)
でも、先週買って読んだコレは買う価値ありあり!

「気を整えて夢をかなえるリセット整理術」

こんまりさんの「ときめき」本をを読んだ人、こちらの苫米地英人さんの本も併せて読むとオススメだと思います。

断捨離に続く「おかたづけブーム」を巻き起こした、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」でも、「かたづけをすると人生が変わる」とおっしゃってます。

苫米地さんの「リセット整理術」本では、「気を整えて夢をかなえる」とタイトルにあるように、同じようなことを書いてはるんだけど、アプローチがちょっと違う。

つまり、「気を整える」ということと「夢をかなえる」ということを能動的にやりましょう、ってこと。

くらべてみましょう。

こんまりさんバージョンは  徹底的に片付ける → (不思議と)人生が変わる

苫米地さんバージョンは  「気」を理解する → 夢を叶えようとする → それに応じた片付け方をする


この本では、それにあたって、「気とは何か」ということを簡潔に教えてくれています。
なんか拍子抜けするくらいなんだけど、「確かにそうやわ」って納得してしまいました、私。

その部分の引用がコレ。
・・・
 実は、生命のないモノであっても、「気」は存在します。
 あなたの部屋にあるモノを見てください。今着ている洋服、いつも持っている携帯電話、座っている椅子、そしてこの本にも「気」は存在します。
 先ほど、「気=生命エネルギー」といいましたが、機能脳科学の専門家である私は、もう少し広い意味で「気=情報エネルギー」と解釈しています。
 情報エネルギーというのは、何かしらの情報を持ったエネルギーのこと。生命エネルギーは、生命という情報を持ったエネルギーになります。たとえば、人間であれば「どういった人間か」という情報を持っているわけです。
 同じように、モノであっても情報エネルギーを持っています。すなわち、モノには「それがどういったモノか」という情報があるということです。(16~17頁)
・・・

なるほど、こういうわけで「ときめくモノ」にかこまれた部屋で過ごしていると元気になれる、って納得。

こういう感じで、1章で「気」についての詳しい説明。
2章では、かたづけ云々より先に「夢」という気の持ち方についての解説。
3章で、自分の役割と部屋の役割に応じて片付ける手順。
という風に進む。

つまり、「気」のことが分かったら、まず自分がどうなりたいか自分の夢をよく考えてから、それにふさわしい部屋にしましょう、っていうアプローチ。

これは、すごくしっくり来た。
子供が生まれて、自分の役割がすごく変わった。
部屋にあるモノが変わった。

その後、自分自身が経営していた日本語学校を畳んだ時も、さらに変化した。
学校のモノを自宅に持ち込んだが大量のモノを整理して処分する時間と余裕がなかった。

その後さらに、育児と家事に置くウェイトが仕事より断然大きくなった。
家族3人分のモノの管理が特に重要な任務となった。
(他の人がしないから)

おまけに、「元気じゃないと始まらない」ということを考えれば、「持病の治療に専念する」という役割も出てきている。

つまりは、過去を見るよりも、未来を見ていこうってコトなのだ!
現在、そして、未来に向かっての自分の役割にそぐわないモノを身の回りに置いてると、過去の自分に引きづられちゃうってわけだ。

ウツ状態から復活した私は、やっと未来を見る希望が出てきた気がする。

実は、それ、この本にもはっきり書いてるねん。↓

・・・
ドーパミンのバランスが悪いと片付けられない
(139頁)
・・・

今、ちょうど新しいことにもチャレンジしようとし始めている私。
またブログでも紹介しようと思ってます。

とにかく、オススメ!
皆さんに読んでほしい1冊でした。

最後にこの本の中からの名言で締めよう。

片づけは本来「したい」ものである


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

↑クリックお願いします。
励みになります。
クリック少ないと寂しいものです。

2012年3月12日 (月)

究極のおもちゃ棚

「サブロクで棚を作る」完結編。

・・・
子供のおもちゃの収納は悩みの種。

理由は・・・

1)次々と増える。
プレゼントでもらうとか、こどもちゃれんじのエデュトイとか、幼稚園から持って帰るとか、工作で作るとか。

2)成長するにつれて子供が遊びたいおもちゃが変化する
一時ハマったニューブロックはもう卒業したみたいで「やらない」と言う。
1)と2)の2つの理由の合わせ技により、収納の配置は常に刷新を迫られる。

3)サイズがバラバラ。
絵本もそうなんだけど、手の平サイズの小さいものもあれば、大きいボードゲームのように棚に入らないものもある。3段ボックスのように決まったサイズの収納スペースだけだと収まりがつかない。

4)遊ぶ本人の管理能力が未熟。
だから、シンプルな分類、且つ、しまいやすく取り出しやすくなければならない。
さもないと「ママ、あれ、どこー?」と全てのおもちゃ箱をひっくり返される羽目になる。

ウチにあるおもちゃ棚1号は、フラップ扉の付いた3個×2段の棚で、奥行きも高さもあって、主に大きめのおもちゃ等を収納するのに使っている。水彩絵の具セットとかミニボーリングとか収納している。
これはこれでまあ良しとしよう。

問題になっていたのは、手の平サイズぐらいの小さいおもちゃ達をどう収納するか。

一時は息子自身がトイ・ストーリーの影響で大きめのふた付きの箱にまとめて入れていた。
これは、深さがあるので、一番下の位置になっているおもちゃが見えないし、すぐに取れないし、結局箱をひっくり返してとジャラジャラーと床におもちゃの海が広がるのだった。

たった1個のおもちゃを出したいがために、大量のおもちゃを床に広げた上に、戻すのが面倒くさくてそのまま遊ぶ息子の様子にイラっとしていた私。
しばらくして、息子の「トイ・ストーリー的おもちゃ箱」への執着が消えたと判断し、私はこのシステムを撤収した。
そうして私が思い至ったのは、「小さいおもちゃは浅い箱に収納すべき」だろうということ。

浅い引出チェストという選択肢も考えられるけれど、引出は、幼児の発達途上の腕では上手に引き出し、欲しい物を出し、また押し込むというのは意外と難しい。
スムーズに引き出せるレールを使った引出チェストがいいかと思うと、その場合は引き出しを外せない構造になっているから、外して運べない。

となると、飯田先生の「収納の法則」の教えにある通り、棚に箱を置いて引出風に収納するのがやっぱり万能。

去年の夏だったか、お向かいさんがコミック用収納プラスティックケースを処分するというので積んであったのを見て、私はピンと来た。
この箱の浅さ、奥行きのなさ、低さ、どれを取っても「こまごま収納にぴったりかも・・・。」
3個いただいて、外枠の棚はサイズをこれに合わせて作ろうと思い立ち、数ヶ月。

息子の誕生日に間に合うように、意を決して立ち上がった。
ホームセンターに買い出しに行って、値段に引かれ980円の構造用合板を使うことを決めた。
端材が大きすぎると持ち帰れないとので、当初3段で考えていた設計をその場で5段に変更。
あれやこれやと結果オーライで、完成を見た。
↓コレ。

Cimg2420

ねじは40mmのスリムネジを使ってみた。
板の厚さが12mmなので、少しでもゆがむと板から突き出てしまうのでネジ打ちは慎重さを要した。
私は水平とか垂直とかの感覚は過敏な方なので、今まで特に補助的道具も使わずに電動ドライバーでギュイギュイっとやっていた。
今回も同様にやったけれど、ゆがまないように何度も確認しながらやった。

それでも、2回、「やってもたぁー(>_<)」状態が発生した。
板がベキベキと音を立て、割れそうに・・・。
ひえぇー(汗汗)、油断禁物である。
ドリルで穴をまっすぐ彫って、やり直したというか、誤魔化したというか。(^^;)
失敗した面を壁の方に向けて、ぱっと見には分からないように置くことにした。

というわけで、いよいよ、プラスチックケースを入れて、おもちゃも入れて、とりあえずこのような形で完成を見た。

Cimg2424

構想から数ヶ月、長い道のりだった!
私としては大満足!(^o^)
こまごましたおもちゃの収納に関しては「究極のおもちゃ棚」という称号を与えてもいいんじゃないか?
おまけに格安。実費700円ぐらいかな?
自画自賛炸裂中(^^;)。

収納しているモノのコンテンツ(内容)は上から、
1段目、ポケモン・ソフビ人形のケース(使用頻度・高)
2段目、紙モノやミニブーメランなど薄いモノや小さいモノや、分類しずらい小さいモノ(暫定的処置状態)
3段目、2段目よりは大きめで、箱に入っているモノ、コマやジェンガなど(使用頻度・中)
4段目、ハッピーセットのおもちゃ(これ以上は増やさないという制限設定)
5段目、ボードゲーム(幅が合う棚が無かった)

この後さらに、棚の一番上に、誕生日会で私の妹と義兄にもらったプレゼントの仮面ライダーのメテオギャラクシーとLaQが加わった。しばらくの間は「使用頻度・高」だろうな(^_^)。

にほんブログ村 インテリアブログ 自分流インテリアへ
にほんブログ村

最後まで読んでくださってありがとうございます。
↑ブログ村ランキング・バナー
クリックしていただけると、更新の励みになります。(クリックは1日1回有効です)

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Links